« ケトンの不斉ホウ素化反応の開発に初めて成功 | トップページ | 神経軸索変性による神経機能不全の改善に成功~ペリー症候群の治療法確立へ前進~ »

2017年6月25日 (日)

血友病のマウス 遺伝子「ゲノム編集」で治療成功

2017年6月23日
NHK NEWS WEB
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画があります。
 
---------------------------------------
 自治医科大学などの研究グループは、
出血が止まりにくくなる血友病という病気
のマウスを、最新の技術を応用して
遺伝子を操作することで根本的に治すこと
に国内で初めて成功し、
10年後を目標に患者の臨床研究を
行いたいとしています。
---------------------------------------
 
 「ゲノム編集」でしか根治治療が
出来ない疾患が多くあるはずで、
安全性の担保をどう考えるのか?
 
 困難な部分が多々あると思いますが、
日本も積極的に挑戦して欲しいと
思っています。

|

« ケトンの不斉ホウ素化反応の開発に初めて成功 | トップページ | 神経軸索変性による神経機能不全の改善に成功~ペリー症候群の治療法確立へ前進~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65455589

この記事へのトラックバック一覧です: 血友病のマウス 遺伝子「ゲノム編集」で治療成功:

« ケトンの不斉ホウ素化反応の開発に初めて成功 | トップページ | 神経軸索変性による神経機能不全の改善に成功~ペリー症候群の治療法確立へ前進~ »