« クモ毒を改良し抗体を細胞内へ輸送 -細胞は壊さず出入り口のみを開く分子の作製- | トップページ | 熱ノイズを選り分けて電流を流すことに成功~マクスウェルの悪魔による発電~ »

2017年5月27日 (土)

悪性度の高い急性白血病のがん化メカニズムを解明 分子標的薬2剤の併用療法による高い抗腫瘍効果もマウスで確認

2017年04月28日
京都大学研究成果
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 横山明彦 医学研究科特定准教授
(現 国立がん研究センター
 チームリーダー)らの研究グループは、
国立がん研究センターと共同で、
悪性度が高く乳児に多いMLL遺伝子変異を
伴う急性白血病について、
がん化を引き起こすメカニズムを
分子レベルで解明し、同成果をもとに
分子標的薬2剤による併用療法で
高い抗腫瘍効果が期待できることを
実験的に証明しました。
 
 本研究成果は、2017年4月11日に米国の
科学雑誌「The Journal of Clinical
Investigation」オンライン版に
掲載されました。
 
 
-----
研究者からのコメント
 
 今回、MLL変異白血病細胞に
MLL複合体形成阻害剤と
DOT1L酵素活性阻害剤を併用すると、
AF4とDOT1L
(どちらもMLL変異体タンパク質の
 結合タンパク質)の活性が
同時に阻害され、その結果白血病細胞を
著しく減少させることが示されました。
 
 現行の治療法ではMLL遺伝子の変異を
持つ白血病は予後不良であり、
将来的にこの二つの分子標的薬の
併用療法が有効な治療法として確立され、
患者さんの治療に役立つことが
期待されます。
 
 
詳しい研究内容については こちら
---------------------------------------
 
 「分子標的薬2剤の併用療法」
良さそうですね。
 
 
>将来的にこの二つの分子標的薬の
>併用療法が有効な治療法として
>確立され、患者さんの治療に
>役立つことが期待されます。
 
 
 大いに期待したい。

|

« クモ毒を改良し抗体を細胞内へ輸送 -細胞は壊さず出入り口のみを開く分子の作製- | トップページ | 熱ノイズを選り分けて電流を流すことに成功~マクスウェルの悪魔による発電~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65334460

この記事へのトラックバック一覧です: 悪性度の高い急性白血病のがん化メカニズムを解明 分子標的薬2剤の併用療法による高い抗腫瘍効果もマウスで確認:

« クモ毒を改良し抗体を細胞内へ輸送 -細胞は壊さず出入り口のみを開く分子の作製- | トップページ | 熱ノイズを選り分けて電流を流すことに成功~マクスウェルの悪魔による発電~ »