« 新規人工インスリン「セレノインスリン」の化学合成と機能解明に成功 ~体内での薬効が長時間持続する新規インスリン製剤への応用に期待~ | トップページ | 皮膚細胞移植で近視抑制=ラットの目で効果-東京医科歯科大 »

2017年4月13日 (木)

デジカメでX線を計測し、元素分析・イメージングを行う技術を開発~いつでもどこでもX線分析するユビキタス新時代へ~

2017.04.10
国立研究開発法人
物質・材料研究機構 (NIMS)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NIMSの研究グループは、
通常の可視光用途のデジタルカメラを
ほぼそのまま用いながら、
画像処理によりX線スペクトルを測定し、
元素分析や元素イメージングを行う
新技術の開発に成功しました。
 
 
詳細は こちら
---------------------------------------
 
 「通常の可視光用途のデジタルカメラを
ほぼそのまま利用してX線を計測出来る」
というのは凄いですね。
 
 
>安価で入手が容易な可視光用の
>デジタルカメラを X 線分析に
>用いることにより、これまで以上に
>手軽に元素分析が行えるようになると
>期待されます。
 
>X 線分析は一層広い分野で
>いつでもどこでもユビキタスに使える
>ようになると期待されます。
 
>研究チームは、デジタルカメラ
>によって取得した蛍光X線スペクトル
>による元素分析、元素イメージング技術
>をさらに高度化し、一層短い時間での
>動画像の計測を行う試みを進めています。
 
>その結果、これまでは困難だった
>非常に多数の試料の
>蛍光 X 線スペクトルを迅速解析する
>ことや、化学反応などにおける
>元素の移動の過程を研究することも
>可能になるかもしれません。
 
 良いですね。今後の展開に
大いに期待したい。

|

« 新規人工インスリン「セレノインスリン」の化学合成と機能解明に成功 ~体内での薬効が長時間持続する新規インスリン製剤への応用に期待~ | トップページ | 皮膚細胞移植で近視抑制=ラットの目で効果-東京医科歯科大 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65145087

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメでX線を計測し、元素分析・イメージングを行う技術を開発~いつでもどこでもX線分析するユビキタス新時代へ~:

« 新規人工インスリン「セレノインスリン」の化学合成と機能解明に成功 ~体内での薬効が長時間持続する新規インスリン製剤への応用に期待~ | トップページ | 皮膚細胞移植で近視抑制=ラットの目で効果-東京医科歯科大 »