« 他人のiPS細胞を使った網膜移植手術 理研が世界初 | トップページ | 大腸がん幹細胞標的治療モデルの開発に成功-がんの根治治療の開発に期待- »

2017年4月 2日 (日)

大麻は認知症治療に有効 ノーベル賞受賞者輩出の研究所が主張

2017/04/01
Forbes JAPAN
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
>ソーク研究所の
>デービッド・シューベルト
>(David Schubert)教授は、
>連邦政府の規制により研究を
>次の段階に進めるのが難しいと語る。
>「麻薬取締局(DEA)による規制が
>原因で、この分野の研究は
>進んでいない」と教授はCNBCに語った。
 
>大麻には肉体的な中毒性は無く、
>精神的な依存は起こりうるが、
>それは砂糖や塩と同じだ。
>カリフォルニア州では店頭で
>大麻が購入できるというのに、
>ばかげた話だ
 
 米国ですらこうなんですね。
 法律が障壁になるし、医薬品業界の
ロビー活動もありそうですね。
 
 介護にかかっている経済コストを
考えると検討の余地があるように
思えるのですが、
 
 純粋に科学的に検証出来るように
することが大切だと思う。
 
 日本の役人は頭が固すぎる。
 他国に学ぶと言うことをしない。
 
 本当に国民のことを考えているの
かな? と思ってしまう。

|

« 他人のiPS細胞を使った網膜移植手術 理研が世界初 | トップページ | 大腸がん幹細胞標的治療モデルの開発に成功-がんの根治治療の開発に期待- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65098022

この記事へのトラックバック一覧です: 大麻は認知症治療に有効 ノーベル賞受賞者輩出の研究所が主張:

« 他人のiPS細胞を使った網膜移植手術 理研が世界初 | トップページ | 大腸がん幹細胞標的治療モデルの開発に成功-がんの根治治療の開発に期待- »