« 圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES)システムの実証試験を開始 | トップページ | 脳内の老廃物蓄積を抑制する物質が判明  アルツハイマー病の新規治療薬開発へ »

2017年4月22日 (土)

細胞ストレスを光で可視化できるマウスを開発

2017年4月19日
認知症ねっと
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 株式会社トランスジェニックと
学校法人金沢医科大学、
国立大学法人熊本大学の共同研究チームが、
目でみえない細胞ストレスを、
ストレスが生じた時に
ストレスが生じた部分だけ、
光によって可視化することができる
「UMAIマウス」の開発に成功しました。
 
 この共同研究成果は
「Scientific Reports」に
掲載されました。
---------------------------------------
 
 細胞ストレスは、いろいろな病気の
原因になるわけで、可視化出来るように
なったことで原因と結果の研究の進展に
期待したい。
 →新薬の開発とか新規治療法に繋がる
  はず。
 
 「UMAIマウス」は
・小胞体ストレス可視化
・酸化ストレス可視化
・炎症可視化
が出来るようです。
 
 
 様々なストレスと病気との関連の
研究から始めて、どのような結果が
得られるのか、今後の展開に期待します。

|

« 圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES)システムの実証試験を開始 | トップページ | 脳内の老廃物蓄積を抑制する物質が判明  アルツハイマー病の新規治療薬開発へ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65181787

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞ストレスを光で可視化できるマウスを開発:

« 圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES)システムの実証試験を開始 | トップページ | 脳内の老廃物蓄積を抑制する物質が判明  アルツハイマー病の新規治療薬開発へ »