« ヒトiPS細胞から心筋細胞、血管細胞を含むメッシュ状の人工心臓組織を開発 | トップページ | 心不全の新しいメカニズムを解明-新しい治療法の開発に期待- »

2017年4月12日 (水)

水素生成量が1桁増加する光触媒の開発に成功

平成29年4月10日
神戸大学
大阪大学
科学技術振興機構(JST)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
○次世代エネルギー源である水素を
 高効率に製造できる光触媒の開発が
 望まれている。
 
○光触媒の大きさ・配列の均一性を
 あえて崩すことにより、水から水素への
 変換効率を飛躍的に向上させた。
 
○本研究成果は、高効率な太陽光による
 水素製造の実現に向けたブレークスルー
 となる。
 
 
-----
 神戸大学 分子フォトサイエンス
研究センターの立川 貴士 准教授らと、
大阪大学 産業科学研究所の
真嶋 哲朗 教授らの研究グループは、
光触媒作用による水素生成量が
1桁増加する光触媒注1)の開発に
成功しました。
 
 水素は、再生可能エネルギーである
太陽光と水から製造できる、
次世代のエネルギー源として注目されて
おり、水素を高効率に製造できる
光触媒の開発が望まれています。
 
 しかしながら、従来の光触媒では、
電子と同時に生成する正孔
(電子が抜けた孔)のほとんどが
触媒表面上で再結合して消失してしまう
ため、水から水素への
光エネルギー変換効率が伸び悩んで
いました。
 
 今回、立川准教授らは、電子と正孔を
空間的に分離できる、光触媒の
大きさ・配列の均一性をあえて崩した
メソ結晶注2)光触媒の合成方法を
開発しました。
 
 その結果、従来をはるかに超える
水素生成の光エネルギー変換効率
(約7%)注3)を有する光触媒の
開発に成功しました。
 
 今後は、有用性が実証された
メソ結晶化技術を応用することで、
太陽光による高効率な水素製造の実現を
目指します。
 
 本研究成果は、平成29年4月6日
(独国時間)にドイツ化学誌
「Angewandte Chemie International
  Edition」のオンライン版で
公開されました。
---------------------------------------
 
 新規光触媒が開発されたようです。
 
 こちらとの比較では?
 関連投稿です。
2017.03.10
岡山大学プレスリリース
 
 水素社会の実現が又一歩
近づいたと言って良いのかな?

|

« ヒトiPS細胞から心筋細胞、血管細胞を含むメッシュ状の人工心臓組織を開発 | トップページ | 心不全の新しいメカニズムを解明-新しい治療法の開発に期待- »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65140140

この記事へのトラックバック一覧です: 水素生成量が1桁増加する光触媒の開発に成功:

« ヒトiPS細胞から心筋細胞、血管細胞を含むメッシュ状の人工心臓組織を開発 | トップページ | 心不全の新しいメカニズムを解明-新しい治療法の開発に期待- »