« 地デジ放送波を使った水蒸気量推定手法の開発に成功 | トップページ | ヒトiPS細胞から心筋細胞、血管細胞を含むメッシュ状の人工心臓組織を開発 »

2017年4月11日 (火)

ヒト多能性幹細胞に適した環境を見出すナノハイブリッドデバイスの開発に成功 -ナノテクノロジーの創薬・再生医療への新展開-

2017年03月17
京都大学研究成果
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 陳勇 物質-細胞統合システム拠点
(iCeMS=アイセムス)特定拠点教授、
亀井謙一郎 同特定准教授、
眞下泰正 東京工業大学助教らの
研究グループは、多種類の細胞環境を
集積したデバイスの開発に
世界で初めて成功しました。
 
 この研究成果は、ヒトES/iPS細胞から
機能的な組織を作製するプロセス開発を
大きく加速するものと期待されます。
 
 
-----
研究者からのコメント
 
 本成果では、ナノ・マイクロ加工技術を
用いて異なる環境同士を再現・比較できる
デバイスの開発に成功し、
その中でヒトES細胞が未分化を
維持したまま増殖するのに適した環境を
見出しました。
 
 ヒトES/iPS細胞から機能的な
組織細胞を獲得するために最適な
環境・条件を効率よく探し出すことが
可能となりました。
 
 今後、ナノ・マイクロ加工技術などの
従来とは異なる観点から、
創薬や再生医療の発展に寄与することを
目指しています。
 
 
詳しい研究内容については こちら
---------------------------------------
 
 創薬・再生医療の発展に寄与できそうな
成果ですね。
 
 
>「マイクロ流体デバイス」と
>「ナノファイバー」技術を世界で
>初めて統合し、従来法では
>実現できなかった、多様な細胞環境を
>一枚のプレート上に創り出すことに
>成功しました。
 
>今後このデバイスを用いて、
>ヒト ES/iPS 細胞から目的組織へと
>分化誘導するための最適な細胞外環境を
>同定できると期待され、
>組織工学や再生医療の発展に
>貢献できると期待されます。
 
>また、本研究で開発したデバイスは、
>創薬にも応用することが可能です。
 
>これまで、創薬における候補薬剤の
>同定には、平面培養された細胞が
>使用されていましたが、
>そのような細胞は本来の機能を発揮
>していないことが明らかになって
>いました。
 
>本研究で開発したデバイスを用いること
>によって、上記の問題点は解決され、
>より正確な薬剤評価を行うことが
>できるようになるだけでなく、
>コストの削減にも大きく寄与できる
>ことが期待されます。
 
 
 大いに期待したい。

|

« 地デジ放送波を使った水蒸気量推定手法の開発に成功 | トップページ | ヒトiPS細胞から心筋細胞、血管細胞を含むメッシュ状の人工心臓組織を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65136100

この記事へのトラックバック一覧です: ヒト多能性幹細胞に適した環境を見出すナノハイブリッドデバイスの開発に成功 -ナノテクノロジーの創薬・再生医療への新展開-:

« 地デジ放送波を使った水蒸気量推定手法の開発に成功 | トップページ | ヒトiPS細胞から心筋細胞、血管細胞を含むメッシュ状の人工心臓組織を開発 »