« 高額薬価問題には正しく絶望する | トップページ | 大麻は認知症治療に有効 ノーベル賞受賞者輩出の研究所が主張 »

2017年4月 1日 (土)

他人のiPS細胞を使った網膜移植手術 理研が世界初

2017年03月29日
hazardlab
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 他人のiPS細胞から作った網膜細胞を、
目の難病「加齢黄斑変性症」の患者に
移植する世界初の手術が、
神戸市立医療センター中央市民病院で
行われた。
 
 この手術は、理化学研究所で
網膜再生医療の研究を進める
高橋政代プロジェクトリーダーらが
中心となり、京都大学iPS細胞研究所
などと連携して実施された。
---------------------------------------
 
 まずはおめでとうございます。
 
 拒絶反応などの見守りは今後
必要となりますが、前進です。
 
 関連ニュース
日テレNEWS24

|

« 高額薬価問題には正しく絶望する | トップページ | 大麻は認知症治療に有効 ノーベル賞受賞者輩出の研究所が主張 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65094142

この記事へのトラックバック一覧です: 他人のiPS細胞を使った網膜移植手術 理研が世界初:

« 高額薬価問題には正しく絶望する | トップページ | 大麻は認知症治療に有効 ノーベル賞受賞者輩出の研究所が主張 »