« がん組織の高い温度に反応し、ナノ微粒子が特異的に集積する仕組みを開発~副作用のないがん治療へ期待~ | トップページ | 原発処理費用、22兆円のウソとそのワケ »

2017年4月26日 (水)

乾いた空気から水を取り出す装置、太陽光で動作 - MITとUCバークレーが開発

2017/04/20
マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 マサチューセッツ工科大学(MIT)と
カリフォルニア大学バークレー校
(UCバークレー)の研究チームは、
乾燥した空気から水を取り出す装置を
開発した。
 
 エネルギー源として利用するのは
太陽光だけであり、湿度20%程度の
乾燥地帯でも、1日に数リットルの水を
作り出すことができるという。
 
 研究論文は、科学誌「Science」に
掲載された。
---------------------------------------
 
 太陽光だけで動作するというのが
素晴らしいですね。
 
>将来的には水道を引かなくても、
>各家庭で太陽光と空気から
>必要な水を作れるようになる。
 かも知れない。
 
 まだ改良の余地があるそうです。
 
 懸念されている水不足が解消出来る
かな?
 
 大いに期待したい。

|

« がん組織の高い温度に反応し、ナノ微粒子が特異的に集積する仕組みを開発~副作用のないがん治療へ期待~ | トップページ | 原発処理費用、22兆円のウソとそのワケ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65199800

この記事へのトラックバック一覧です: 乾いた空気から水を取り出す装置、太陽光で動作 - MITとUCバークレーが開発:

« がん組織の高い温度に反応し、ナノ微粒子が特異的に集積する仕組みを開発~副作用のないがん治療へ期待~ | トップページ | 原発処理費用、22兆円のウソとそのワケ »