« 原発処理費用、22兆円のウソとそのワケ | トップページ | EGFR変異陽性肺がんに対する新規耐性克服療法を発見―今後予想されるオシメルチニブ耐性の克服へ― »

2017年4月28日 (金)

がん細胞死を誘導する人工配列の核酸の創製に成功 -核酸医薬の開発に期待-

2017年4月27日
東京工科大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東京工科大学
(東京都八王子市片倉町、学長:軽部征夫)
大学院バイオニクス専攻の
杉山友康教授らの研究グループは、
プログラムされた細胞死(アポトーシス)
を、がん細胞に誘導する新しい核酸の
創製に成功しました。
 
 これは、同研究グループが合成した
約15万種類の人工核酸の中から
発見されたもので、
今後、がん細胞死を誘導する核酸医薬品の
開発などが期待されます。
 
 本研究成果は、2017年4月22日に
科学誌「Biochemical and Biophysical
     Research Communications」 に
掲載されました(注1)。
---------------------------------------
 
 がんに限らずいろいろな分野で核酸医薬
出て来そうです。
 
 
>【社会的・学術的なポイント】
>研究グループが新たに発見した
>TMEM117を標的とした
>RNA干渉は、小胞体ストレスによる
>ミトコンドリア膜電位の消失を伴う
>がん細胞のアポトーシスを誘導するもの
>です。
 
>今後、TMEM117の機能解明が
>進むことで、がん細胞死を誘導する
>核酸医薬品の開発が期待されます。
 
 
 大いに期待したい。

|

« 原発処理費用、22兆円のウソとそのワケ | トップページ | EGFR変異陽性肺がんに対する新規耐性克服療法を発見―今後予想されるオシメルチニブ耐性の克服へ― »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65207959

この記事へのトラックバック一覧です: がん細胞死を誘導する人工配列の核酸の創製に成功 -核酸医薬の開発に期待-:

« 原発処理費用、22兆円のウソとそのワケ | トップページ | EGFR変異陽性肺がんに対する新規耐性克服療法を発見―今後予想されるオシメルチニブ耐性の克服へ― »