« 放射線発見以来初の幾何光学に基づくガンマ線画像化法を発見・実用化 -ガンマ線完全可視化により放射線利用の安全評価が正確に- | トップページ | 脳梗塞に対する脳の免疫細胞ミクログリアを用いた新しい細胞療法の成功-早期治療やがん化の低リスクなどより有効で安全な臨床応用へ- »

2017年3月22日 (水)

「癌を光らせるスプレー」が手術を変える!

2017/03/22
日経デジタルヘルス
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 癌が疑われる箇所にスプレーのように
散布すると、わずか数分のうちに
癌だけが明るく光る。
 
 そんな診断薬が近い将来、
内視鏡検査や手術を支援するツール
として臨床現場に届く可能性が出てきた。
 
 乳癌では術中迅速診断への応用に
向けて、2018年度の薬事承認申請を
目指した性能評価を開始。
 
 食道癌でも内視鏡検査や手術での
利用に向けた安全性試験に着手している。
---------------------------------------
 
>手術中に癌をこれほど短時間で
>明瞭に可視化できる技術は
>これまでなかった
 素晴らしいですね。
 
 
 予定通り進行し、薬事承認されると
良いですね。

|

« 放射線発見以来初の幾何光学に基づくガンマ線画像化法を発見・実用化 -ガンマ線完全可視化により放射線利用の安全評価が正確に- | トップページ | 脳梗塞に対する脳の免疫細胞ミクログリアを用いた新しい細胞療法の成功-早期治療やがん化の低リスクなどより有効で安全な臨床応用へ- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65051757

この記事へのトラックバック一覧です: 「癌を光らせるスプレー」が手術を変える!:

« 放射線発見以来初の幾何光学に基づくガンマ線画像化法を発見・実用化 -ガンマ線完全可視化により放射線利用の安全評価が正確に- | トップページ | 脳梗塞に対する脳の免疫細胞ミクログリアを用いた新しい細胞療法の成功-早期治療やがん化の低リスクなどより有効で安全な臨床応用へ- »