« 200 ℃から800 ℃の熱でいつでも発電できる熱電発電装置 | トップページ | エステルからエーテルをつくる! 世界初・脱一酸化炭素金属触媒の開発に成功 »

2017年3月26日 (日)

量子力学計算により医薬品の受容体サブタイプ選択性の予測・再現に成功

2017年2月15日
分子機能研究所プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 分子機能研究所
(Institute of Molecular Function;
  埼玉県三郷市)の辻一徳
(ツジ モトノリ)代表らが医薬品の
標的タンパク質分子に対する結合親和性を
量子力学計算を用いて予測することに
成功し、その成果が2017年2月5日、
FEBS Open Bio誌から
オンライン出版された。
 
 本研究は画期的医薬品の開発を促進する
次世代の創薬基盤技術に結び付く成果
として注目される。
---------------------------------------
 
 Good News !
 医薬品のスクリーニング技術に対する
新しい成果です。
 
 関連リンク
平成28年9月21日
 
2015/10/26
 
 
>今回の研究成果は、
>サブタイプ選択的医薬品や細胞
>あるいは組織選択的医薬品を開発する
>ための次世代の創薬基盤技術のための
>新たな手法として期待される。
 
 素晴らしいと思います。
 
 今後の展開に期待したい。
 新しい医薬品の開発に結びつくと
良いですね。

|

« 200 ℃から800 ℃の熱でいつでも発電できる熱電発電装置 | トップページ | エステルからエーテルをつくる! 世界初・脱一酸化炭素金属触媒の開発に成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65068294

この記事へのトラックバック一覧です: 量子力学計算により医薬品の受容体サブタイプ選択性の予測・再現に成功:

« 200 ℃から800 ℃の熱でいつでも発電できる熱電発電装置 | トップページ | エステルからエーテルをつくる! 世界初・脱一酸化炭素金属触媒の開発に成功 »