« 世界で初めて長期埋め込み可能な人工硝子体を開発 | トップページ | 高温下で使用可能なファイバーレス高強度高断熱性材料を開発-低熱伝導率と高強度を両立、消費電力量を約38%削減- »

2017年3月13日 (月)

国産高精度ガス計測センサの開発

平成29年3月10日
日本電波工業株式会社
国立研究開発法人
宇宙航空研究開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 日本電波工業(株)と国立研究開発法人
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は共同で、
真空環境下において宇宙用材料等から
放出されるガス(アウトガス)を計測する
ための新システムTwin QCMを
世界で初めて開発しました。
 
 今回開発したシステムは、
従来品に比べてその精度、安定度に優れた
新しい方式のセンサで、
今後、JAXAや国内のみならず
世界の宇宙機開発における
コンタミネーション対策に
大きく貢献できるものです。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 
 必要なものだと思います。
 
 是非、今後も積極的に、日本にしか
出来ない、世界の宇宙機開発に貢献出来る
製品を世に出して行くことを、
心から期待しています。

|

« 世界で初めて長期埋め込み可能な人工硝子体を開発 | トップページ | 高温下で使用可能なファイバーレス高強度高断熱性材料を開発-低熱伝導率と高強度を両立、消費電力量を約38%削減- »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65009788

この記事へのトラックバック一覧です: 国産高精度ガス計測センサの開発:

« 世界で初めて長期埋め込み可能な人工硝子体を開発 | トップページ | 高温下で使用可能なファイバーレス高強度高断熱性材料を開発-低熱伝導率と高強度を両立、消費電力量を約38%削減- »