« 脳梗塞、ALS、アルツハイマー病などの新たな治療法の開発に期待 神経幹細胞が炎症で異常に分化する仕組みを解明 | トップページ | 難病、特発性間質性肺炎の新しい血清マーカー発見 »

2017年3月 4日 (土)

世界初、かゆみを標的にしたアトピー性皮膚炎の新たな治療戦略

2017年03月03日
京都大学研究成果
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 椛島健治 医学研究科教授らの
研究グループは、九州大学、東京逓信病院、
ドイツ、米国、英国、ポーランドの
研究機関と共同で、
アトピー性皮膚炎に対する治療薬として
開発中の抗IL-31受容体
ヒト化モノクローナル抗体
nemolizumabに関し、安全性や有効性、
最適な投与量などを調べる
第 II 相国際共同治験を行いました。
 
 その結果、抗IL-31抗体の臨床症状や
かゆみに対する有効性が確認されました。
 
 本研究成果は、2017年3月3日付で
米国の科学誌
「The New England Journal of
  Medicine(NEJM)」電子版に
掲載されました。
 
 
-----
研究者からのコメント
 
 Nemolizumabによるかゆみの抑制が
確認されたことにより、IL-31が
アトピー性皮膚炎により引き起こされる
かゆみに重要な役割を果たしていることが
示されました。
 
 今後、IL-31の制御がアトピー性皮膚炎
の新たな治療手段やQOL向上の一助となる
可能性が期待されます。
 
 
詳しい研究内容については こちら
---------------------------------------
 
 Good News !
 
 
>Nemolizumabによるかゆみの抑制が
>確認されたことにより、
>今後、IL-31の制御がアトピー性皮膚炎
>の新たな治療手段やQOL向上の
>一助となる可能性が期待されます。
 
>アトピー性皮膚炎の患者は、
>かゆみのために寝付くまで時間が
>かかり、夜中にかゆくて目が覚めて
>しまうことが知られています。
 
>本薬剤は、これらアトピー性皮膚炎
>による不眠にも有効であることも
>確認しており、アトピー性皮膚炎患者の
>QOLの改善にも有益である可能性が
>示唆されました。
 
 良いですね。
 今後に、大いに期待しています。

|

« 脳梗塞、ALS、アルツハイマー病などの新たな治療法の開発に期待 神経幹細胞が炎症で異常に分化する仕組みを解明 | トップページ | 難病、特発性間質性肺炎の新しい血清マーカー発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64969151

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初、かゆみを標的にしたアトピー性皮膚炎の新たな治療戦略:

« 脳梗塞、ALS、アルツハイマー病などの新たな治療法の開発に期待 神経幹細胞が炎症で異常に分化する仕組みを解明 | トップページ | 難病、特発性間質性肺炎の新しい血清マーカー発見 »