« 印刷技術で圧力と温度を同時検出できるフレキシブルシートセンサーを世界で初めて開発―センサーによる人の皮膚感覚実現への道を拓く― | トップページ | 光触媒新技術で二酸化炭素を出さない水素製造が可能に 夢の太陽光エネルギー変換効率50%へはずみ »

2017年3月12日 (日)

パーキンソン病、ALSなど231種類の難病iPS…京大が作製

2017年3月10日
yomiDR(YOMIURI ONLINE)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 京都大学iPS細胞研究所は、
国が指定する難病(306種類)の
約8割にあたる231種類について、
iPS細胞(人工多能性幹細胞)
を作製したことを明らかにした。
---------------------------------------
 
 素晴らしいですね。
 
 これによって、難病の原因究明と
治療法の開発が進むことを期待したい。

|

« 印刷技術で圧力と温度を同時検出できるフレキシブルシートセンサーを世界で初めて開発―センサーによる人の皮膚感覚実現への道を拓く― | トップページ | 光触媒新技術で二酸化炭素を出さない水素製造が可能に 夢の太陽光エネルギー変換効率50%へはずみ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65004669

この記事へのトラックバック一覧です: パーキンソン病、ALSなど231種類の難病iPS…京大が作製:

« 印刷技術で圧力と温度を同時検出できるフレキシブルシートセンサーを世界で初めて開発―センサーによる人の皮膚感覚実現への道を拓く― | トップページ | 光触媒新技術で二酸化炭素を出さない水素製造が可能に 夢の太陽光エネルギー変換効率50%へはずみ »