« 印刷で作れる高性能有機系熱電変換材料を開発-世界最高レベルの出力因子600 μW/mK2超を実現- | トップページ | 世界初!一人で着脱できる手術用ガウンを実用化 »

2017年3月17日 (金)

HIVの「隠れ家」を特定する目印発見、仏研究

2017年03月16日
AFP BBNews
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 抗HIV(ヒト免疫不全ウイルス)薬を
服用している患者の体内には、AIDS
(エイズ、後天性免疫不全症候群)の
原因となるHIVが潜伏できる「隠れ家」を
提供している白血球が存在する。
 
 これまで検出が困難だったこの白血球を
特定する方法を発見したとの研究論文を、
仏研究チームが15日、発表した。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
 
>英科学誌ネイチャー(Nature)に
>発表された研究に参加した
>フランス国立科学研究センター
>(CNRS)は、今回の発見が
>「ウイルスの宿主細胞に関する根本的な
> 理解向上への道を開く」としている。
 
 
 「潜在ウイルスの排除を目指す治療戦略
  につながる」
 と期待したい。

|

« 印刷で作れる高性能有機系熱電変換材料を開発-世界最高レベルの出力因子600 μW/mK2超を実現- | トップページ | 世界初!一人で着脱できる手術用ガウンを実用化 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65026571

この記事へのトラックバック一覧です: HIVの「隠れ家」を特定する目印発見、仏研究:

« 印刷で作れる高性能有機系熱電変換材料を開発-世界最高レベルの出力因子600 μW/mK2超を実現- | トップページ | 世界初!一人で着脱できる手術用ガウンを実用化 »