« 100℃以下の廃熱を利用可能なコンパクト型高性能蓄熱システムを開発 | トップページ | HIVの「隠れ家」を特定する目印発見、仏研究 »

2017年3月15日 (水)

印刷で作れる高性能有機系熱電変換材料を開発-世界最高レベルの出力因子600 μW/mK2超を実現-

2017/03/14
産業技術総合研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NEDOプロジェクトにおいて、
未利用熱エネルギー革新的活用技術研究
組合(TherMAT)の組合員である
産業技術総合研究所は、
印刷法により形成できる高性能なp型の
有機系熱電変換材料を開発、
発電性能を示す出力因子で
世界最高レベルの600 μW/mK2を
実現しました。
 
 産業技術総合研究所は、
今回の成果を身の回りに存在する
膨大な量の200℃以下の低温排熱の
エネルギーハーベスティングに
活用することを目指します。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 低温廃熱の有効利用進行中。
 
 
>本研究グループは、材料内部の
>微細な構造の制御などを通じた、
>さらなる有機系熱電変換材料の
>性能向上、および有機系熱電変換素子の
>高効率化に取り組みます。
 
>こうした取り組みを通じて、
>排熱として捨てられている
>膨大な量の未利用熱エネルギーの
>有効活用に貢献することを目指します。
 
 
 「未利用熱エネルギー革新的活用技術
研究組合」
 活躍期待しています。

|

« 100℃以下の廃熱を利用可能なコンパクト型高性能蓄熱システムを開発 | トップページ | HIVの「隠れ家」を特定する目印発見、仏研究 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65018407

この記事へのトラックバック一覧です: 印刷で作れる高性能有機系熱電変換材料を開発-世界最高レベルの出力因子600 μW/mK2超を実現-:

« 100℃以下の廃熱を利用可能なコンパクト型高性能蓄熱システムを開発 | トップページ | HIVの「隠れ家」を特定する目印発見、仏研究 »