« パーキンソン病、ALSなど231種類の難病iPS…京大が作製 | トップページ | 世界で初めて長期埋め込み可能な人工硝子体を開発 »

2017年3月12日 (日)

光触媒新技術で二酸化炭素を出さない水素製造が可能に 夢の太陽光エネルギー変換効率50%へはずみ

2017.03.10
岡山大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 岡山大学大学院環境生命科学研究科の
高口豊准教授・田嶋智之講師と
山口大学、東京理科大学らの
共同研究グループは、
カーボンナノチューブの光吸収帯を
利用した水分解反応による
水素製造が可能であることを
明らかにしました。
 
 カーボンナノチューブはこれまで、
光触媒の光吸収材料としての利用が
困難であると考えられていました。
 
 一方、カーボンナノチューブは、
従来の光触媒技術では利用できない
赤色光~近赤外光(波長600 ~ 1300 nm)
を吸収できることから、
本研究成果により、太陽光エネルギーの
変換効率の大幅な向上が見込まれ、
光触媒を利用したCO2フリー水素製造技術
への応用が期待されます。
 
 本研究成果は3月6日、英国の
科学雑誌「Scientific Reports」
に掲載されました。
 
 
詳しい研究内容については こちら
---------------------------------------
 
 水素製造の生産効率はとても満足
のいくものではなかったのですが、
 今回の成果は期待が持てそうです。
 
 
>太陽光と光触媒を利用した
>水分解による CO2 フリー水素製造技術
>は、水素社会の基盤技術として
>極めて重要です。
 
>そして、技術の鍵となる
>太陽光エネルギー変換効率は、
>光触媒の活性波長によって決まります。
 
>カーボンナノチューブ光触媒を
>利用することで、太陽光エネルギー
>のうちこれまで使うことのできなかった
>540~1300 nm の波長の光を使うことが
>できるようになれば、
>太陽光エネルギー変換効率 50%を
>達成するブレークスルー技術と
>なり得ます。
 
 素晴らしい。期待したい。
 
 実現出来れば、水素社会も夢では
無くなるのかも?

|

« パーキンソン病、ALSなど231種類の難病iPS…京大が作製 | トップページ | 世界で初めて長期埋め込み可能な人工硝子体を開発 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65005276

この記事へのトラックバック一覧です: 光触媒新技術で二酸化炭素を出さない水素製造が可能に 夢の太陽光エネルギー変換効率50%へはずみ:

« パーキンソン病、ALSなど231種類の難病iPS…京大が作製 | トップページ | 世界で初めて長期埋め込み可能な人工硝子体を開発 »