« エステルからエーテルをつくる! 世界初・脱一酸化炭素金属触媒の開発に成功 | トップページ | デングウイルス感染症の重症度マーカーを低下させる物質の発見 -デング出血熱における新たな治療法の可能性- »

2017年3月27日 (月)

バイオ3Dプリンターを用いた末梢神経損傷に対する神経再生技術の開発

2017年02月27日
京都大学研究成果
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 松田秀一 医学部附属病院教授、
池口良輔 同准教授、
青山朋樹 医学研究科准教授、
中山功一 佐賀大学教授らの
研究グループは、株式会社サイフューズと
共同で、末梢神経損傷に対する
新しい治療法として、
バイオ3Dプリンターを用いて
神経再生技術の開発に
世界で初めて成功しました。
 
 本研究成果は、2017年2月13日に
米国の科学誌「PLOS ONE」電子版で
発表されました。
 
 
-----
研究者からのコメント
 
 末梢神経が事故や外傷によって
切断された場合でも、切断端同士が
きちんと縫合されていれば、
脳や脊髄に存在する神経細胞体から
神経軸索が伸びてきて、神経線維の再生が
行われます。
 
 しかし神経の挫滅が著しいなど、
長さが足りないときには縫合が
できない場合があります。
 
 今回開発しました神経導管は、
バイオ3Dプリンター技術により
神経軸索が伸びてきやすい導管構造を
作ることで、神経再生を促すことを
可能にしました。
 
 今後は患者さんの治療に使えるように
準備を進めていきます。
 
 
詳しい研究内容については こちら
---------------------------------------
 
 Good News !
 
 
>今回バイオ 3D プリンター“Regenova”
>を用いて細胞のみで作製した
>バイオ三次元神経再生導管を
>ラットの坐骨神経損傷モデルに移植する
>ことで、人工神経より良好で
>自家神経移植に遜色ない結果を
>得ることができた。
 
>これは線維芽細胞から作製した
>バイオ神経三次元再生導管より
>放出されるサイトカインや
>血管新生によって良好な再生軸索の
>誘導が得られたと考えられる。
 
>今後、非臨床 POC 取得、
>非臨床安全性試験をクリアした後に、
>医師主導治験を 3 年後に開始する
>予定で進めている。
 
 良いですね。
 大いに期待したい。

|

« エステルからエーテルをつくる! 世界初・脱一酸化炭素金属触媒の開発に成功 | トップページ | デングウイルス感染症の重症度マーカーを低下させる物質の発見 -デング出血熱における新たな治療法の可能性- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65073031

この記事へのトラックバック一覧です: バイオ3Dプリンターを用いた末梢神経損傷に対する神経再生技術の開発:

« エステルからエーテルをつくる! 世界初・脱一酸化炭素金属触媒の開発に成功 | トップページ | デングウイルス感染症の重症度マーカーを低下させる物質の発見 -デング出血熱における新たな治療法の可能性- »