« 【ウイルス】鳥インフルエンザウイルスがヒト細胞に感染する機構 | トップページ | 200 ℃から800 ℃の熱でいつでも発電できる熱電発電装置 »

2017年3月25日 (土)

異なる2つの神経難病、筋萎縮性側索硬化症と脊髄小脳変性症に共通した全く新しい治療標的を発見

2017.03.24
国立大学法人東京医科歯科大学
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究
センター
国立大学法人大阪大学
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
●脊髄小脳変性症の1つであるSCA31は、
 異常なRNAくりかえし配列のRNA毒性
 によって起きることを見出しました。
 
●全く別の神経難病、筋萎縮性側索硬化症
 の原因となるタンパク質「TDP-43」は、
 SCA31の異常なRNAに結合する
 RNA結合タンパク質であることを発見し、
 さらにTDP-43がSCA31のRNA毒性を
 緩和するという画期的な発見を
 しました。
 
●一方、SCA31の短いRNAくりかえし配列
 は、逆に筋萎縮性側索硬化症において
 TDP-43が凝集蓄積することによる
 タンパク質の毒性を緩和することを
 見出しました。
 
●以上のことから、正常な神経細胞の
 維持に、「RNA」とそのRNAを結合する
 「タンパク質」のバランスが重要で、
 脊髄小脳変性症や筋萎縮性側索硬化症
 ではこのバランスが破綻しており、
 これを補正することで両疾患の治療が
 可能になるという全く新しい概念を
 発表します。
 
 
-----
概要
 
 東京医科歯科大学医学部附属病院
長寿・健康人生推進センター
石川欽也教授と東京医科歯科大学
水澤英洋特命教授・兼 国立精神・神経
医療研究センター総長、
大学院医歯学総合研究科脳神経病態学分野
横田隆徳教授の研究グループは、
国立精神・神経医療研究センター 
神経研究所疾病研究第四部 
永井義隆室長
(現:大阪大学大学院医学系研究科
神経難病認知症探索治療学寄附講座 教授)、
同 和田圭司部長
(現:同トランスレーショナル
 ・メディカルセンター長)、
ストラスブール大学、
トロント小児病院などとの共同研究で、
日本人特有と言われる
遺伝性脊髄小脳変性症「SCA31」を
引き起こす長いRNAくりかえし配列の
神経毒性が、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の
原因蛋白であるTDP-43やFUS, hnRNPA2/B1
によって緩和されることを
つきとめました。
 
 逆にALSの原因となるTDP-43や
FUS, hnRNPA2/B1の毒性は、
短く毒性のないRNAくりかえし配列で
緩和され、SCA31やALSの治療法開発に
向けた画期的な発見をしました。
 
 この研究は科学技術振興機構 
戦略的創造研究推進事業(CREST)からの
受託研究課題「プルキンエ細胞変性の
分子病態に基づく診断・治療の開発」を
筆頭とし、日本医療研究開発機構
受託研究費
(脳科学研究戦略推進プログラム、
 難治性疾患実用化研究事業)、
ならびに文部科学省科学研究費補助金
などの支援のもとでおこなわれたもので、
その研究成果は、国際科学誌Neuron
(ニューロン)に、2017年3月23日正午
(米国東部時間)にオンライン版で
発表されました。
---------------------------------------
 
 二つの全く異なった難病間に関連が
あったとは驚きですね。
 
 
>この成果は、各種RNAや
>RNA結合タンパク質が凝集蓄積する
>多様な神経変性疾患の創薬、治療戦略の
>足がかりとなる。
 
 大いに期待したい。

|

« 【ウイルス】鳥インフルエンザウイルスがヒト細胞に感染する機構 | トップページ | 200 ℃から800 ℃の熱でいつでも発電できる熱電発電装置 »

脊髄小脳変性症関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65063325

この記事へのトラックバック一覧です: 異なる2つの神経難病、筋萎縮性側索硬化症と脊髄小脳変性症に共通した全く新しい治療標的を発見:

« 【ウイルス】鳥インフルエンザウイルスがヒト細胞に感染する機構 | トップページ | 200 ℃から800 ℃の熱でいつでも発電できる熱電発電装置 »