« 改変細菌で免疫活性化、がん細胞が死滅ー韓国・全南大学などマウスで成功 | トップページ | タンパク質合成反応を解析する大規模全成分計算機シミュレーターを開発 »

2017年2月14日 (火)

放射線治療と免疫療法併用で「アブスコパル効果」を増強

2017年02月12日
biglobeニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 実は、放射線治療は照射した部分に
留まらず、転移巣(てんいそう)など
離れた病巣に対しても効果を発揮し、
がんが縮小や消滅することが以前から
知られていた。
 
 これを「アブスコパル効果」という。
 
 放射線治療と免疫療法で、アブスコパル
効果が起こるのは、2つの理由が
考えられます。
 
 弱かった免疫を補完して免疫を高める
のと、免疫を抑制しているものを外して
免疫が働くようにすることです。
 
 今後は放射線の照射量や免疫療法併用の
最適なタイミングなどの研究が進むものと
思われます」
(鈴木教授:福島県立医科大学医学部
 放射線腫瘍学講座)
---------------------------------------
 
 まだまだエビデンスが足りないので
なんとも言えませんが、可能性は感じ
ます。
 
 
>2012年に悪性黒色腫が全身転移した
>患者に対し、放射線治療に
>免疫チェックポイント阻害剤
>(ヤーボイ)を併用したところ、
>2か月後には放射線が当たっていない
>場所のがん細胞の縮小や消滅が
>確認された症例がある。
 
 とのことなので、期待したいです。
 
 オプチーボ対象患者でも
放射線照射と併用することで、
効果があるかも知れない。

|

« 改変細菌で免疫活性化、がん細胞が死滅ー韓国・全南大学などマウスで成功 | トップページ | タンパク質合成反応を解析する大規模全成分計算機シミュレーターを開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64891766

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線治療と免疫療法併用で「アブスコパル効果」を増強:

« 改変細菌で免疫活性化、がん細胞が死滅ー韓国・全南大学などマウスで成功 | トップページ | タンパク質合成反応を解析する大規模全成分計算機シミュレーターを開発 »