« リチウムイオン二次電池の少量多品種量産技術の確立と電気自動車への搭載試験の開始について | トップページ | 初期費用ゼロで省エネ冷蔵庫に買い替え~節約した毎月の電気代で、約7年で購入費を完済~ »

2017年2月24日 (金)

「 希少細胞である好塩基球によるアレルギー誘導の謎が解けた! 」― 驚くべき離れ業「トロゴサイトーシス」を駆使 ―

平成29年1月13日
国立大学法人 東京医科歯科大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【ポイント】
 
・これまで、樹状細胞、好塩基球、
 T細胞のアレルギーへの関与が
 報告されていましたが、
 その連携プレーの詳細は不明でした。
 
・本研究で、好塩基球が仲介役となって、
 樹状細胞からT細胞へとアレルゲン情報
 を伝達する巧妙な仕組みがあることを
 明らかにしました。
 
・今回の発見をさらに詳細に研究すること
 で、様々なアレルギー疾患の病態解明と
 新規治療法開発への応用が期待できます。
 
 
-----
 東京医科歯科大学・大学院医歯
学総合研究科・免疫アレルギー学分野の
烏山一教授(副学長・理事)の
研究グループは、好塩基球が
トロゴサイトーシスという巧妙な仕組み
によって樹状細胞からアレルゲン情報を
捕捉し、さらにT細胞に伝達することで
アレルギー誘導型T細胞を生み出すという
巧妙な仕組みがあることを明らかに
しました。
 
 この研究は科学技術振興機構
・戦略的創造研究推進事業(CREST)
ならびに文部科学省科学研究費補助金の
支援のもとで行われ、その研究成果は
国際科学誌 Proceedings of National
Academy of Sciences USA
(米国科学アカデミー紀要)に、
2017 年 1 月 16 日午後 3 時
(米国東部時間)に
オンライン版で発表されます。
 
 筆頭著者は、研究医を育成する
「研究者養成コース」博士課程の
大学院生です。
---------------------------------------
 
>アレルギー疾患の根本的な治療法は
>未だ確立されておらず、
>その病態解明が急がれています。
 そうなんです。
 
 
>本研究により、好塩基球が、
>トロゴサイトーシスという離れ業を
>駆使して樹状細胞から MHC クラス II
>分子を捕捉することにより
>抗原提示能を獲得することが明らか
>となり、これまでの研究で報告されて
>いた好塩基球の抗原提示能に関する
>食い違いがなぜ起こるのかをきちんと
>説明できるようになりました。
 
>本研究によって解明された
>新たなメカニズムをさらに解析していく
>ことにより、アレルギー状態を改善する
>新規治療法の開発への応用が
>期待されます。
 
 免疫がらみの研究はなかなか進展
しないですね。
 
 一歩前進です。
 
 アレルギー状態を改善する新規治療法
の開発へと繋がることを期待したい。

|

« リチウムイオン二次電池の少量多品種量産技術の確立と電気自動車への搭載試験の開始について | トップページ | 初期費用ゼロで省エネ冷蔵庫に買い替え~節約した毎月の電気代で、約7年で購入費を完済~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64933911

この記事へのトラックバック一覧です: 「 希少細胞である好塩基球によるアレルギー誘導の謎が解けた! 」― 驚くべき離れ業「トロゴサイトーシス」を駆使 ―:

« リチウムイオン二次電池の少量多品種量産技術の確立と電気自動車への搭載試験の開始について | トップページ | 初期費用ゼロで省エネ冷蔵庫に買い替え~節約した毎月の電気代で、約7年で購入費を完済~ »