« 破損やアレルギーの懸念が少ない脊椎内固定器具 製造販売承認を取得-「いわて発高付加価値コバルト合金:COBARION(R)」の新たな実用化例 | トップページ | 放射線治療と免疫療法併用で「アブスコパル効果」を増強 »

2017年2月12日 (日)

改変細菌で免疫活性化、がん細胞が死滅ー韓国・全南大学などマウスで成功

2017/2/12
日刊工業新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 遺伝子を改変した細菌株をがん組織に
侵入させることで、免疫反応を活性化し、
マウス体内のがん細胞を殺すことに
韓国・全南大学などの研究チームが
成功した。
 
 通常は食中毒を起こすサルモネラ菌の
一種を無害になるよう改変し、
ヒト結腸がんを発生させたマウスに
注射したところ、20匹中11匹で、
腫瘍の大きさが検出限界未満まで
縮小したという。
 
 一部で転移も予防できた。
 
 8日付の米科学誌サイエンス
・トランスレーション・メディシンに
成果が報告された。
---------------------------------------
 
 まだマウス段階ですが、
良さそうですね。
 
 オプチーボとかキートルーダが話題に
なっているように、人間が本来持っている
防衛能力である、免疫の力を利用する医療
に最も可能性を感じています。
 
 後はウイルス療法かな?
 
 治療法に対しては、多種の選択肢が
欲しいですね。
 
 今後の展開を見守りたい。

|

« 破損やアレルギーの懸念が少ない脊椎内固定器具 製造販売承認を取得-「いわて発高付加価値コバルト合金:COBARION(R)」の新たな実用化例 | トップページ | 放射線治療と免疫療法併用で「アブスコパル効果」を増強 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64883209

この記事へのトラックバック一覧です: 改変細菌で免疫活性化、がん細胞が死滅ー韓国・全南大学などマウスで成功:

« 破損やアレルギーの懸念が少ない脊椎内固定器具 製造販売承認を取得-「いわて発高付加価値コバルト合金:COBARION(R)」の新たな実用化例 | トップページ | 放射線治療と免疫療法併用で「アブスコパル効果」を増強 »