« ヒトES/iPS細胞の大量培養に適した細胞培養基材の開発に成功 -ナノ加工した「布」が細胞培養の新機軸へ- | トップページ | iPS細胞から血液脳関門モデルの作製に成功 »

2017年2月26日 (日)

2017年発売予定の有望薬 トップはロシュ社のMS治療薬 米専門誌

2017/02/24
ミクスonline
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 米医薬専門誌「FiercePharma」は
1月30日、2017年に発売予定で
5年後の2022年にはブロックバスター
になる可能性のある2017年有望薬トップ10
を発表した。
 
 このトップ10ランキングは、臨床試験で
良好な成績を示し、2017年内には発売が
予定されている薬剤について、
同誌が発売5年後の売上げ予想を
占っている。
 
 トップは、ロシュ社の多発性硬化症
(MS)治療薬Ocrevus(ocrelizumab)。
 
 同剤はFDAの画期的新薬指定(BTD)を
受け、進行性MSや難治性MSでも
良好な成績を示した。
---------------------------------------
 
 米国の話しですが、ブロックバスター
になり得る(MS)治療薬が出るようです。
 
 対象者は沢山いるはずなので
明るい話題になりそうですね。
 
>FDAの画期的新薬指定(BTD)を
>受け、進行性MSや難治性MSでも
>良好な成績を示した。
 そうです。

|

« ヒトES/iPS細胞の大量培養に適した細胞培養基材の開発に成功 -ナノ加工した「布」が細胞培養の新機軸へ- | トップページ | iPS細胞から血液脳関門モデルの作製に成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64942978

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年発売予定の有望薬 トップはロシュ社のMS治療薬 米専門誌:

« ヒトES/iPS細胞の大量培養に適した細胞培養基材の開発に成功 -ナノ加工した「布」が細胞培養の新機軸へ- | トップページ | iPS細胞から血液脳関門モデルの作製に成功 »