« がん免疫薬の効果増=「オプジーボ」負担減も-京大 | トップページ | [ScienceNews2017]メガソーラーを支える 次世代フライホイール蓄電システム »

2017年1月19日 (木)

正常細胞ががん細胞を排除する仕組みをハエで解明 -正常細胞の表面タンパク質Sasががん細胞に結合して排除-

2017年01月17日
京都大学研究成果
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 井垣達吏 生命科学研究科教授、
山本真寿 同博士課程学生、
大澤志津江 同准教授らの研究チームは、
ハエの眼の組織にがんの元になる細胞を
誘導し、この細胞を排除するのに必要な
正常細胞側の遺伝子を探索しました。
 
 その結果、Sasと呼ばれる
細胞表面タンパク質ががん細胞の排除に
必要であることを発見しました。
 
 また、正常細胞ががんの元になる
変異細胞に接すると、正常細胞の表面の
Sasが変異細胞の表面のPTP10Dと呼ばれる
タンパク質に結合し、
これにより変異細胞の増殖が抑えられると
同時に、変異細胞が死にやすくなることも
わかりました。
 
 本研究成果は、2017年1月17日午前1時
に英国の学術誌「Nature」に
掲載されました。
 
 
-----
研究者からのコメント
 
 がんの元になる変異細胞が正常細胞に
囲まれると、「細胞競合」と呼ばれる現象
によって変異細胞が組織から
排除されます。
 
 この現象は、
細胞間のコミュニケーションを介した
新たながん抑制メカニズムとして
注目されています。
 
 今回私たちは、正常細胞が
どのようにして変異細胞を「認識」して
排除するのか、その分子メカニズムを
ショウジョウバエを用いて明らかに
しました。
 
 足かけ9年に及ぶチームメンバーの
粘り強い努力が実を結んだものです。
 
 今回ハエで発見したメカニズムが
ヒトでも働いているとすれば、
周辺の正常細胞ががん細胞を選択的に
組織から排除するという、
これまでになかったがん治療法を
構築できる可能性があります。
 
 
詳しい研究内容については こちら
---------------------------------------
 
 「細胞競合」興味深い現象ですね。
 
 
>興味深いことに、PTP10D と
>類似のタンパク質がヒトのがんに抑制的
>に働くことが報告されていましたが、
>そのメカニズムは分かっていません
>でした。
 
>もし今回発見したメカニズムが
>ヒトでも働いているとすれば、
>Sas と PTP10D の機能に着目し
>正常細胞ががん細胞を選択的に
>組織から排除するという、
>これまでになかったがん治療法を
>構築できる可能性があります。
 
 足かけ9年に及ぶチームメンバーの
粘り強い努力の可能性にかけましょう。
 良い結果に結びつくと良いですね。

|

« がん免疫薬の効果増=「オプジーボ」負担減も-京大 | トップページ | [ScienceNews2017]メガソーラーを支える 次世代フライホイール蓄電システム »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64782174

この記事へのトラックバック一覧です: 正常細胞ががん細胞を排除する仕組みをハエで解明 -正常細胞の表面タンパク質Sasががん細胞に結合して排除-:

« がん免疫薬の効果増=「オプジーボ」負担減も-京大 | トップページ | [ScienceNews2017]メガソーラーを支える 次世代フライホイール蓄電システム »