« マイクロRNAの静脈投与による高血糖の改善 ‐インスリン分泌細胞(膵β細胞)の再生に成功‐ | トップページ | がん診断と治療の両方に適した放射性銅67の大量・高品質製造法の開発に成功―加速器で作る中性子が新たな診断・治療薬開発に道を拓く― »

2017年1月 7日 (土)

脳梗塞で死んだ細胞再生 兵庫医科大、定説覆す発見

2017/1/5 神戸新聞NEXT
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 兵庫医科大(兵庫県西宮市)の
グループが、脳梗塞の組織の中に
神経細胞を作る細胞があることを発見し、
それを採取、培養して移植することで、
脳梗塞で死んでしまった脳細胞を
再生させる研究を始めた。
 
 死んだ神経細胞は再生しない
という定説を覆す発見で、グループは
「今後2年余りで、臨床試験の前段階まで
持っていきたい」と話す。(武藤邦生)
---------------------------------------
 
 素晴らしい発見ですね。
 「iSC細胞」というそうです。
 
 関連リンクです。
兵庫医科大学
 
 
 やはり細胞は大きなストレスを
受けるとリセットするのでしょうか?
 生き残りの為に万能性を持つように
変化する?
 
 STAP細胞、気になります。
 
 「iSC細胞」が臨床で実用するための
課題を解決出来るかどうかですね。
 
 期待したいと思います。

|

« マイクロRNAの静脈投与による高血糖の改善 ‐インスリン分泌細胞(膵β細胞)の再生に成功‐ | トップページ | がん診断と治療の両方に適した放射性銅67の大量・高品質製造法の開発に成功―加速器で作る中性子が新たな診断・治療薬開発に道を拓く― »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64732154

この記事へのトラックバック一覧です: 脳梗塞で死んだ細胞再生 兵庫医科大、定説覆す発見:

« マイクロRNAの静脈投与による高血糖の改善 ‐インスリン分泌細胞(膵β細胞)の再生に成功‐ | トップページ | がん診断と治療の両方に適した放射性銅67の大量・高品質製造法の開発に成功―加速器で作る中性子が新たな診断・治療薬開発に道を拓く― »