« テラヘルツ光による黒色ゴム材料の非破壊検査手法を開発~自動車タイヤなどのひずみ計測が可能に~ | トップページ | 肺炎球菌は自殺することでヒトの免疫系を悪用し, 肺に傷害を与えることを世界で初めて明らかにしました »

2017年1月 3日 (火)

生体透過率の高い波長で長時間光り続ける蛍光体の開発に成功 -光源を必要としない近赤外域での生体分子可視化に道-

2016年11月29日 京都大学研究成果
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 田部勢津久 人間・環境学研究科教授、
上田純平 同助教、許健 同博士課程学生
らのグループは、紫外線など
蛍光体を光らせるために必要な励起光の
照射なしで、生体の透過率の高い
「第三生体窓」と呼ばれる、
波長1.5ミクロンから1.65ミクロンの
近赤外領域で長時間強い残光を示す
新しい蛍光体材料の開発に成功しました。
 
 励起光による細胞の自家蛍光、光散乱、
光毒性などといった生態イメージング
にまつわる諸問題を回避する鍵になると
期待されます。
 
 本研究成果は、2016年11月2日に
英国王立化学協会の学術誌
「Journal of Material Chemistry C」
オンライン版に掲載されました。
 
 
-----
研究者からのコメント
 
 今後、本材料のナノ粒子化および
抗体の表面修飾をすることにより、
マウスを用いて近赤外長残光
生体イメージングの実証実験を行う予定
です。
 
 残光蛍光体を用いた近赤外
生体イメージングが可能となれば、
新たな研究対象分野が切り開かれ、
本材料系に留まらず
新しい近赤外長残光蛍光体の研究開発が
発展することが期待されます。
 
 また、本長残光蛍光体の開発手法は、
残光蛍光体の発光波長を自由にデザイン
できることを示した研究の一例でもあり、
今後のさまざまな波長の残光蛍光体の
開発が進むと考えられます。
 
 
詳しい研究内容について
---------------------------------------
 
 蛍光イメージング技術も又進歩し
続けているようです。
 
 
>残光蛍光体を用いた
>近赤外生体イメージングが
>可能となれば、新たな研究対象分野が
>切り開かれ、本材料系に留まらず
>新しい近赤外長残光蛍光体の
>研究開発が発展することが
>期待されます。
 
 良いですね。
 今まで観察出来なかったことが
出来るようになると言うことで、
大いに期待したい。

|

« テラヘルツ光による黒色ゴム材料の非破壊検査手法を開発~自動車タイヤなどのひずみ計測が可能に~ | トップページ | 肺炎球菌は自殺することでヒトの免疫系を悪用し, 肺に傷害を与えることを世界で初めて明らかにしました »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64714718

この記事へのトラックバック一覧です: 生体透過率の高い波長で長時間光り続ける蛍光体の開発に成功 -光源を必要としない近赤外域での生体分子可視化に道-:

« テラヘルツ光による黒色ゴム材料の非破壊検査手法を開発~自動車タイヤなどのひずみ計測が可能に~ | トップページ | 肺炎球菌は自殺することでヒトの免疫系を悪用し, 肺に傷害を与えることを世界で初めて明らかにしました »