« iPS細胞を用いて「内耳変性」という難聴の新たな原因と、その治療薬候補物質を発見-さまざまな難聴の原因解明と治療法開発につながる成果- | トップページ | 結核菌を感知するセンサー分子を発見~様々な感染症および次世代の結核ワクチン開発に期待~ »

2017年1月16日 (月)

着るだけで腰の負担が見えるセンサ内蔵ウェアが進化 荷物の重さが分からなくても腰の負担が分かる

2016/12/16
北海道大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
研究成果のポイント
 
・株式会社ニコンとの共同研究で
 2015 年に開発した,腰まわりの姿勢と
 負担を推定する機能を有する
 センサ内蔵ウェアを進化させた。
 
・持ち上げる荷物の重さや,
 アシストツールによる補助力など,
 外部から加わる力が分からなければ,
 正確な腰部負担を知ることが
 できないが,ウェアに内蔵した
 センサ情報のみで,装着者の腰部負担
 を正確に知ることができる
 画期的なセンシング技術を開発。
 
・これまでウェアに内蔵した加速度計,
 曲げセンサに加えて,重量物を
 持ち上げたり,アシストツールによって
 補助を受けたりすることで変化する
 背筋の負担増減を計測することができる
  「筋硬さセンサ」を内蔵。
 ウェアは軽量かつ着脱容易で
 コルセットのように着用することが
 可能。
 
・患者・利用者を抱きかかえる介護作業,
 荷物を持ち上げる物流作業や農作業など
 外部からかかる負荷が不明な作業での
 作業者の腰部負担の計測,
 作業管理や改善に活用できる。
 また,アシストツールを導入した際の
 作業改善効果を定量的に評価できる。
 
 
-----
研究成果の概要
 
 2015 年に開発した着るだけで
作業中の腰の負担を可視化することが
できる複数のセンサを内蔵した
センサ内蔵ウェアを更に進化させました。
 
 新たに背中の筋肉の活動を計測する
センサを内蔵することで,持ち上げる荷物
の重さが分からなくても,腰の負担の増減
を詳しく知ることができる画期的な
センシング技術を開発しました。
 
 荷物持ち上げ実験で,姿勢センサだけを
用いた従来手法よりも平均で約 3~5 割,
腰の負担の計測精度を高めることに
成功しました。
 
 筋力補助スーツなどのアシストツール
によって,腰に補助を受けたときにも,
腰負担の軽減度合いを可視化することが
できます。
 
 今後,介護施設ほか労働現場で
活用できる製品・サービスとしての展開を
考え,作業中の腰負荷データを蓄積し,
ビッグデータ解析することで,
腰負荷の軽減,人員配置の最適化など,
業務改善に繋がるソリューションの提供を
行うべく,開発を進めていく予定です。 
---------------------------------------
 
>センサ内蔵ウェア「着るレントゲン」に
>新たに背筋の筋力を計測できる
>「筋硬さセンサ」を内蔵することで,
>荷物の重さが分からなくても,
>腰の負担を正確に推定することに
>成功しました。
 良いですね。
 
 
>介護施設ほか労働現場で活用できる
>製品・サービスとしての展開を
>考えています。
 
>作業中の腰負荷データを蓄積し,
>ビッグデータ解析することで,
>腰負荷の軽減,人員配置の最適化など,
>業務改善に繋がるソリューションの提供
>を行うべく,開発を進めていく予定です。
 
>また,筋力補助スーツなどの
>アシストツールの補助効果を評価したり,
>アシストツールのセンサとしても
>活用が期待できます。
 
 大がかりな装置無しで、腰まわりの
姿勢と負担を測定出来ることは、
重要です。
 
 ビッグデータ解析することで、
業務改善に繋がるソリューションを
提供出来るようになるはずです。
 
 期待しています。

|

« iPS細胞を用いて「内耳変性」という難聴の新たな原因と、その治療薬候補物質を発見-さまざまな難聴の原因解明と治療法開発につながる成果- | トップページ | 結核菌を感知するセンサー分子を発見~様々な感染症および次世代の結核ワクチン開発に期待~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64770287

この記事へのトラックバック一覧です: 着るだけで腰の負担が見えるセンサ内蔵ウェアが進化 荷物の重さが分からなくても腰の負担が分かる:

« iPS細胞を用いて「内耳変性」という難聴の新たな原因と、その治療薬候補物質を発見-さまざまな難聴の原因解明と治療法開発につながる成果- | トップページ | 結核菌を感知するセンサー分子を発見~様々な感染症および次世代の結核ワクチン開発に期待~ »