« 着るだけで腰の負担が見えるセンサ内蔵ウェアが進化 荷物の重さが分からなくても腰の負担が分かる | トップページ | がん免疫薬の効果増=「オプジーボ」負担減も-京大 »

2017年1月17日 (火)

結核菌を感知するセンサー分子を発見~様々な感染症および次世代の結核ワクチン開発に期待~

2016.11.24
九州大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州大学生体防御医学研究所の
山﨑晶教授らと琉球大学などの
共同研究グループは、DCARと呼ばれる
タンパク質が、結核菌に含まれる
特有の成分、
ホスファチジルイノシトールマンノシド
(PIM)と呼ばれる糖脂質を認識する
受容体として働き、免疫応答を活性化
していることを発見しました。
 
 DCARは、特殊なマクロファージに
限局して発現しており、結核菌のPIMが
DCARに結合すると、このマクロファージが
活性化されることが分かりました。
 
 さらに、活性化したマクロファージは、
サイトカインを放出してさらにT細胞を
活性化させることで、菌の排除に
寄与していることも明らかとなりました
(参考図)。
 
 この新たな経路をPIMの合成アナログ、
DCARに対する抗体などを用いて人為的に
活性化させることで、結核のみならず、
様々な感染症、また、がんに対する
ワクチンの開発につながることが
できると期待されます。
 
 本研究成果は2016年11月22日(火)正午
(米国東部時間)に、米国科学誌
『Immunity』の電子版で公開されました。
 
 
-----
研究者からひとこと
 
 PIMの受容体は60年以上不明でしたが、
今回、九州大学とマサチューセッツ大学、
広島大学、日本BCG研究所、熊本大学、
琉球大学からなる共同研究グループの連携
によって初めて発見に至りました。
 
本研究についての詳細は こちら
---------------------------------------
 
 マウスのPIM受容体が発見されたと
いうことのようです。
 おめでとうございます。
 
>PIMがマウス同様ヒトの細胞を
>活性化できることが示されました。
 とのことで、
 
 まずは、
>PIMは非結核性抗酸菌にも含まれる
>ことから、PIM経路を活性化して
>菌を排除する新たな治療法の開発が
>期待されます。
 とのこと。
 
 さらに、
>ところが、この作用を担う
>ヒトの受容体はまだ特定されていません。
 
>この受容体の実体を明らかにすることが、
>次の重要な研究課題です。
 
 とのことなので、更なる研究に期待
したい。
 
 関連リンク

|

« 着るだけで腰の負担が見えるセンサ内蔵ウェアが進化 荷物の重さが分からなくても腰の負担が分かる | トップページ | がん免疫薬の効果増=「オプジーボ」負担減も-京大 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64774780

この記事へのトラックバック一覧です: 結核菌を感知するセンサー分子を発見~様々な感染症および次世代の結核ワクチン開発に期待~:

« 着るだけで腰の負担が見えるセンサ内蔵ウェアが進化 荷物の重さが分からなくても腰の負担が分かる | トップページ | がん免疫薬の効果増=「オプジーボ」負担減も-京大 »