« 生体防御に不可欠なNKT細胞の新しい分化経路を発見-「NKTがん治療」の開発に貢献する可能性- | トップページ | 混ぜるだけで迅速に水溶液中のたんぱく質凝縮に成功~新たな高濃度たんぱく質材料で医薬品開発に期待~ »

2017年1月31日 (火)

難病、視覚回復に可能性 岩手大・冨田教授らグループ

2017年01月31日 岩手日報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 視力低下や失明の原因となる
難病・網膜色素変性症の遺伝子治療を
研究する岩手大理工学部の冨田浩史教授
(神経科学)らの研究グループは、
失明したラットに視覚回復効果のある
2種類の遺伝子を投与したところ、
互いの視覚再建機能を損なわず
どちらも機能するという研究成果を
英国の科学系学術誌電子版(23日付)で
発表した。
 
 各国で発見される多様な治療法が
共存し、働きを補完し合う可能性を
示している。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 色々な遺伝子治療が存在し得る
のですね。
 
 今後の展開に期待したい。

|

« 生体防御に不可欠なNKT細胞の新しい分化経路を発見-「NKTがん治療」の開発に貢献する可能性- | トップページ | 混ぜるだけで迅速に水溶液中のたんぱく質凝縮に成功~新たな高濃度たんぱく質材料で医薬品開発に期待~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64833110

この記事へのトラックバック一覧です: 難病、視覚回復に可能性 岩手大・冨田教授らグループ:

« 生体防御に不可欠なNKT細胞の新しい分化経路を発見-「NKTがん治療」の開発に貢献する可能性- | トップページ | 混ぜるだけで迅速に水溶液中のたんぱく質凝縮に成功~新たな高濃度たんぱく質材料で医薬品開発に期待~ »