« タンパク質中の原子の動き、自由電子レーザーにより動画撮影に成功~光によって水素イオンを輸送する仕組みを解明~ | トップページ | ヒトiPS心筋細胞モデルで薬剤誘発性致死的不整脈発生を予測―世界初のヒトiPS心筋大規模検証実験結果― »

2017年1月25日 (水)

神経傷害後や神経疾患でオートファジーが神経突起構造の崩壊を促進-NCNP

2017年01月19日 qlifepro
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 国立精神・神経医療研究センター
(NCNP)は1月13日、神経傷害後や
一部の神経疾患において神経の突起構造が
壊れていく際に「オートファジー」が
神経を積極的に壊す方向に寄与している
ことを示し、その構造崩壊促進機構を
初めて明らかにしたと発表した。
 
 この研究は、NCNP神経研究所疾病研究
第五部の若月修二室長、荒木敏之部長らの
研究グループによるもの。
 
 研究成果は「Journal of Cell Biology」
オンライン版に掲載されている。
 
 
関連リンク
---------------------------------------
 
 「オートファジー」って、単なる
生ゴミ再生システムではなかったの
ですね。奥が深い。
 
 関連投稿です。
 
 
>研究グループは今後、このような
>オートファジーが、さまざまな
>神経の病気においてどのような役割を
>果たしているのかを検討すること
>によって、神経難病などの治療に
>役立てることを目指す。
 
 良い成果を期待しています。

|

« タンパク質中の原子の動き、自由電子レーザーにより動画撮影に成功~光によって水素イオンを輸送する仕組みを解明~ | トップページ | ヒトiPS心筋細胞モデルで薬剤誘発性致死的不整脈発生を予測―世界初のヒトiPS心筋大規模検証実験結果― »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64807776

この記事へのトラックバック一覧です: 神経傷害後や神経疾患でオートファジーが神経突起構造の崩壊を促進-NCNP:

« タンパク質中の原子の動き、自由電子レーザーにより動画撮影に成功~光によって水素イオンを輸送する仕組みを解明~ | トップページ | ヒトiPS心筋細胞モデルで薬剤誘発性致死的不整脈発生を予測―世界初のヒトiPS心筋大規模検証実験結果― »