« 脳梗塞で死んだ細胞再生 兵庫医科大、定説覆す発見 | トップページ | 現代社会に欠如しているバイオレット光が近視進行を抑制することを発見-近視進行抑制に紫の光- »

2017年1月 7日 (土)

がん診断と治療の両方に適した放射性銅67の大量・高品質製造法の開発に成功―加速器で作る中性子が新たな診断・治療薬開発に道を拓く―

2016/12/28
国立研究開発法人
量子科学技術研究開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
発表のポイント
 
○30年以上にわたりがん診断・治療用薬剤
 への応用が期待されてきた
 にもかかわらず製造が困難であった
 放射性銅67(Cu-67)について、
 加速器で作るエネルギーの高い中性子を
 利用した実用的製造法を世界で初めて
 開発した。
 
○さらに、Cu-67そのものが大腸がんに
 顕著に集積する性質も持つことを
 マウス実験により発見した。
 
○開発した製造法はCu-67以外の
 放射性核種の製造にも応用が可能であり、
 がん診断・治療の将来を支える
 基盤技術として大いに期待される。
 
 
-----
 国立研究開発法人量子科学技術研究
開発機構(理事長 平野俊夫、
以下「量研機構」という。)
量子ビーム科学研究部門高崎量子応用
研究所東海量子ビーム応用研究センター
プロジェクト「加速器中性子利用RI
生成研究」の須郷由美上席研究員、
橋本和幸上席研究員、
永井泰樹研究員(大阪大学名誉教授
・東京工業大学名誉教授)、
および、株式会社千代田テクノル
(代表取締役社長:山口和彦)の
川端方子研究員、佐伯秀也技術員、
佐藤俊一技術員らは共同で、
がんの診断と治療の両方に役立つことが
長年期待されてきた放射性銅67(Cu-67)
を、加速器で作る中性子を利用すること
により大量かつ高品質で製造する技術を
世界に先駆け開発しました。
 
 一般に、薬剤の患部への集積性には
個人差があるため、特にがん治療
においては、治療効果と信頼性・安全性を
高めるために、薬剤のがんへの集積量を
患者個々人について確認する技術が
望まれていました。
 
 これに対し、がんへの薬剤集積の
度合いを身体の外から画像化することが
可能な放射線を出し、同時にがん細胞を
直接攻撃するための放射線も出す
Cu-67を含む化合物を薬剤として用いる
ことが、30年以上前から期待されて
きました。
 
 しかし、これまで加速器で得られる
陽子や原子炉で得られる低エネルギーの
中性子を原料に照射する方法が
試みられてきましたが、医療用に適した
高品質のCu-67を大量に製造することが
できず、Cu-67の利用は実現しません
でした。
 
 そこで、本研究グループは、
まず加速器を利用して原子炉よりも
格段に高いエネルギーの中性子を
生成させた上で、それを放射性核種の
製造に利用するという着想の下で
開発を進め、今回、大量かつ高品質の
Cu-67製造技術を初めて確立しました。
 
 さらに本法で得られたCu-67塩化物を、
大腸がんを移植したマウスに注射した
ところ、Cu-67そのものが大腸がんに
顕著に集積する性質も持っていることを
発見しました。
 
 この加速器を利用した製造法は
Cu-67以外の放射性核種の製造にも
応用が可能であるため、
将来のより正確ながん診断や外科的手術に
依らないがん治療を支える基盤技術として
大いに期待されます。
 
 本研究成果は、日本物理学会欧文誌
において、2016年12月28日に
オンライン公開されます。
---------------------------------------
 
>30年以上にわたりがん診断・治療用薬剤
>への応用が期待されてきたにもかかわらず
>製造が困難であった放射性銅67(Cu-67)
>について、加速器で作るエネルギーの
>高い中性子を利用した実用的製造法を
>世界で初めて開発した。
 
 これまた素晴らしい成果ですね。
 
 
>今回の開発は加速器で作る中性子を
>用いて、医療応用が可能なCu-67の
>製造法を開発したもので、
>Cu-67による新たながん診断・治療薬
>開発に道を拓くものです。
 
 
>我々は、現在核医学診断に
>最も利用されているRIであるTc-99m 4)
>(我が国は全量を海外の原子炉を
>利用した製造に依存しています)
>の大量製造にも加速器中性子を用いる
>方法が有効であることをこれまでに
>見出しており、本法は将来の
>がん診断・治療を支える
>医療用RI製造基盤技術となることが
>大いに期待されます。
 
 こんな大事なものが自国で製造
できなかったとは?
 今回の成果、大いに期待したい。

|

« 脳梗塞で死んだ細胞再生 兵庫医科大、定説覆す発見 | トップページ | 現代社会に欠如しているバイオレット光が近視進行を抑制することを発見-近視進行抑制に紫の光- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64732264

この記事へのトラックバック一覧です: がん診断と治療の両方に適した放射性銅67の大量・高品質製造法の開発に成功―加速器で作る中性子が新たな診断・治療薬開発に道を拓く―:

« 脳梗塞で死んだ細胞再生 兵庫医科大、定説覆す発見 | トップページ | 現代社会に欠如しているバイオレット光が近視進行を抑制することを発見-近視進行抑制に紫の光- »