« 単一分子も検出できる!高光度マルチカラー化学発光タンパク質を開発~複数の生命現象を高感度計測する新技術~ | トップページ | 100個の細胞を同時かつ高精度に遺伝子解析する小型チップを開発 »

2016年12月18日 (日)

広がったがん細胞へ選択的に治療薬を届ける新技術を開発 新規T細胞「HOZOT」のウイルス療法への応用

2016/12/16 岡山大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
(医)消化器外科学分野の藤原俊義教授、
岡山大学病院新医療研究開発センターの
田澤大准教授、
株式会社林原の中村修治研究員らの
研究グループは、2006年に林原が開発した
新規の制御性T細胞「HOZOT(ホゾティ)」
を用いて、腫瘍融解ウイルス製剤を
がん細胞へ選択的に運搬する技術の開発に
成功しました。
 
 本研究成果は11月30日、英国の科学雑誌
『Scientific Reports』
(Nature Publishing Group)電子版で
公開されました。
 
 HOZOT細胞は、ヒト臍帯血から
樹立された新規の制御性T細胞で、
がん細胞へ選択的に侵入する機能を
有しています。
 
 現在、腫瘍融解ウイルスを用いた
ウイルス療法の臨床開発が進められて
いますが、ウイルスのがん細胞への
選択的なデリバリー技術がないために
全身に広がった転移巣に
ウイルスを運搬することは困難でした。
 
 今後、腫瘍融解ウイルスを搭載した
HOZOT細胞を用いたウイルス療法の
臨床開発を進めていくことで、
将来的にヒトへの投与が可能となれば、
進行したがん患者の生存率を改善できる
可能性が期待されます。
---------------------------------------
 
>広がったがん細胞へ選択的に治療薬を
>届ける新技術
 
 Good Newsですね。
 
 ウイルス療法期待しています。
 
 関連投稿です。
blog:マックンのメモ日記

|

« 単一分子も検出できる!高光度マルチカラー化学発光タンパク質を開発~複数の生命現象を高感度計測する新技術~ | トップページ | 100個の細胞を同時かつ高精度に遺伝子解析する小型チップを開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64641153

この記事へのトラックバック一覧です: 広がったがん細胞へ選択的に治療薬を届ける新技術を開発 新規T細胞「HOZOT」のウイルス療法への応用:

« 単一分子も検出できる!高光度マルチカラー化学発光タンパク質を開発~複数の生命現象を高感度計測する新技術~ | トップページ | 100個の細胞を同時かつ高精度に遺伝子解析する小型チップを開発 »