« 100個の細胞を同時かつ高精度に遺伝子解析する小型チップを開発 | トップページ | 慢性閉塞肺疾患、創薬研究が進展!忠実なモデルマウス作製に成功 ~「酸化ストレス」、「セリンタンパク質分解酵素」が症状改善の鍵~ »

2016年12月19日 (月)

鉄鋼材料の簡便なプロセスによる結晶粒超微細化原理を発見 -動的相変態と動的再結晶による高強度・高延性バルクナノ鉄鋼の実現-

2016年12月15日 京都大学研究成果
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 趙立佳 工学研究科博士課程学生
(現コロラド鉱山大学研究員)、
柴田曉伸 同准教授、
辻伸泰 同教授
(学際融合教育研究推進センター構造材料
元素戦略研究拠点ユニット(ESISM))
らの研究グループは、
既存のバルク金属材料の製造プロセス
にも適用可能な簡便な加工熱処理プロセス
によって鉄鋼材料の結晶粒超微細化を
達成する原理を見出しました。
 
 本研究成果は、2016年12月14日に
Natureグループのオンライン科学誌
「Scientific Reports」に
掲載されました。
 
 
-----
研究者からのコメント
 
 鉄鋼材料は、世の中で用いられる
金属材料の約95%を占め、高度かつ安全な
社会を支えるためになくてはならない
優れた材料です。
 
 鉄鋼はともすれば古い材料と思われがち
ですが、人類は鉄の持つポテンシャルを
まだまだ引き出し切れていません。
 
 ナノメートルスケールの組織制御
により優れた力学特性の鉄鋼材料を
創出した今回の研究成果は、
鉄の秘められた可能性の一端を
示すものです。
 
 
-----
詳しい研究内容について
 
---------------------------------------
 
>人類は鉄の持つポテンシャルを
>まだまだ引き出し切れていません。
 だそうです。
 
 
>そこで本研究グループは、
>0.1%C低炭素鋼において
>高温相オーステナイトからの
>動的相変態(高温での加工中に生じる
>相変態)によって微細フェライトを
>形成し、それを引き続き動的再結晶
>させることによって、
>最小平均粒径0.35μm(350nm)の
>等軸超微細粒フェライト組織を
>得ることに成功しました。
 
>得られた超微細粒フェライトは
>引張強さ973MPaの高強度と、
>全伸び23%の大きな引張延性を
>示しました。
 
>本研究成果は、力学特性に優れた
>超微細粒鉄鋼材料の新しい創製原理を
>見出し、その実用化にも道を拓く
>重要な成果です。
 
 
 今後の展開に期待しましょう。

|

« 100個の細胞を同時かつ高精度に遺伝子解析する小型チップを開発 | トップページ | 慢性閉塞肺疾患、創薬研究が進展!忠実なモデルマウス作製に成功 ~「酸化ストレス」、「セリンタンパク質分解酵素」が症状改善の鍵~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64645168

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄鋼材料の簡便なプロセスによる結晶粒超微細化原理を発見 -動的相変態と動的再結晶による高強度・高延性バルクナノ鉄鋼の実現-:

« 100個の細胞を同時かつ高精度に遺伝子解析する小型チップを開発 | トップページ | 慢性閉塞肺疾患、創薬研究が進展!忠実なモデルマウス作製に成功 ~「酸化ストレス」、「セリンタンパク質分解酵素」が症状改善の鍵~ »