« くも膜下出血後の脳血管攣縮(れんしゅく)のメカニズムを解明 治療法開発に向けた大きな一歩に | トップページ | 染色体DNAの複製開始複合体の精密構造が初めて見えるように-遺伝情報の継承を担う複合体の分子機構の解明- »

2016年12月26日 (月)

北極は地球の未来が見える場所

2016/12/12
大学共同利用機関法人
情報・システム研究機構
Science Report001
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 ところが近年、北極がにわかに注目を
集めているという。
 
 「地球温暖化をはじめ、地球全体の
変化が極地で顕著に、しかも先取りして
現れることは以前から知られていました。
 
 しかし温暖化増幅は、北極に
よりはっきりと現れているんですね。
 
 実際、ここ100年間の北極の気温は、
全球平均と比べて2倍以上の速さで
上昇しています。
 
 これを温暖化増幅といいます。」
 
 と国立極地研究所の山内恭名誉教授は
言う。
 
 南極と北極の最も大きな違いは、
北極は海、南極は陸であることだ。
 
 北極が海氷を浮かべた海であるのに
対して、南極は世界5番目の大陸であり、
雪が降り積もって作られた
2,000~3,000メートルもの氷床で
できている。
 
 「海氷は太陽光のほとんどを
反射しますが、海氷が減少すると、
海が太陽光を吸収するようになり、
北極域がさらに暖まる。
 
 これをアイスアルベドフィードバック
といい、温暖化増幅の基本的な原因と
考えられています。」
 
-----
 
 日本に暮らす私たちにとって、北極は
これまで、ほとんど知る機会のない
場所だったかもしれない。
 
 しかし私たちの暮らしに
直接関わってくるような地球全体
についてのさまざまな変化が、
いま北極から発信されていると言っても
過言ではない。
 
 本サイエンス・リポートでは、
これから何回かにわたって
北極の科学について報告する。
---------------------------------------
 
 興味深いですね。
 フォローしようと思う。
 

|

« くも膜下出血後の脳血管攣縮(れんしゅく)のメカニズムを解明 治療法開発に向けた大きな一歩に | トップページ | 染色体DNAの複製開始複合体の精密構造が初めて見えるように-遺伝情報の継承を担う複合体の分子機構の解明- »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64678310

この記事へのトラックバック一覧です: 北極は地球の未来が見える場所:

« くも膜下出血後の脳血管攣縮(れんしゅく)のメカニズムを解明 治療法開発に向けた大きな一歩に | トップページ | 染色体DNAの複製開始複合体の精密構造が初めて見えるように-遺伝情報の継承を担う複合体の分子機構の解明- »