« 慢性閉塞肺疾患、創薬研究が進展!忠実なモデルマウス作製に成功 ~「酸化ストレス」、「セリンタンパク質分解酵素」が症状改善の鍵~ | トップページ | 制御性T細胞発生に関わる重要なタンパク質を同定 »

2016年12月21日 (水)

日本の南極観測史上初、新種の菌類を発見

2016年12月16日掲載
2016年12月19日更新
大学共同利用機関法人情報
・システム研究機構 国立極地研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 国立極地研究所(所長:白石和行)の
辻雅晴 特任研究員を中心とする
研究グループは、南極・昭和基地のある
東オングル島での菌類の多様性調査の
過程で、新種の菌類2種(図1)を発見し、
Cystobasidium tubakiiと
Cystobasidium ongulenseと名付けました。
 
 この2種は氷点下でも成長が可能
であることに加え、生育にアミノ酸や
ビタミンを必要としないことから、
南極のような、低温で栄養素が
限られた環境での生育に適応した種
であることが示唆されました。
 
 菌類の新種の発見は60年に及ぶ
日本の南極観測史上、今回が初めて
となります。
---------------------------------------
 
 おめでとうございます。
 
 
>発見した新種は日本で最初に
>南極の菌類を報告した故・椿啓介教授
>の名前と、東オングル島にちなんで、
>それぞれ
>Cystobasidium tubakiiと
>Cystobasidium ongulenseと
>名付けられました。
 
 菌類、いろいろあって凄いです。
 これだけ多様な生物が存在する
地球、まさに奇跡の星、大切に
しないといけないはず。

|

« 慢性閉塞肺疾患、創薬研究が進展!忠実なモデルマウス作製に成功 ~「酸化ストレス」、「セリンタンパク質分解酵素」が症状改善の鍵~ | トップページ | 制御性T細胞発生に関わる重要なタンパク質を同定 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64653694

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の南極観測史上初、新種の菌類を発見:

« 慢性閉塞肺疾患、創薬研究が進展!忠実なモデルマウス作製に成功 ~「酸化ストレス」、「セリンタンパク質分解酵素」が症状改善の鍵~ | トップページ | 制御性T細胞発生に関わる重要なタンパク質を同定 »