« 電源なしで数年間駆動する、IoT向け超低電力トランジスタ - ケンブリッジ大 | トップページ | 医療大麻の有効性について »

2016年11月16日 (水)

東芝、重希土類フリーで高い磁力と優れた減磁耐性を持つモータ用磁石を開発

2016/11/10 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東芝と東芝マテリアルは11月10日、
レアアースの中でも特に希少な重希土類を
一切使用せずに高い磁力と優れた減磁耐性
をあわせ持つモータ用の
高鉄濃度サマリウムコバルト磁石を
開発したと発表した。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
>高耐熱モータの実使用温度域
>(140℃以上)において、現在一般的に
>採用されている耐熱型ネオジム磁石を
>上回る磁力を持つとともに、
>180℃でも優れた減磁耐性を示す
>とのこと。
 
 レアアースフリーなモーターの
研究は時々発表されていましたが、
ついに製品として出だしましたね。
 
 順次、この種のモーターに
置き換わって行くと思われます。

|

« 電源なしで数年間駆動する、IoT向け超低電力トランジスタ - ケンブリッジ大 | トップページ | 医療大麻の有効性について »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64501307

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝、重希土類フリーで高い磁力と優れた減磁耐性を持つモータ用磁石を開発:

« 電源なしで数年間駆動する、IoT向け超低電力トランジスタ - ケンブリッジ大 | トップページ | 医療大麻の有効性について »