« 医療大麻の有効性について | トップページ | オートファジーの活性を簡便かつ定量的に測定できる新規プローブの開発―生体内のオートファジーの活性も測定可能に― »

2016年11月18日 (金)

砂や灰などからケイ素化学の基幹原料を高効率に直接合成

2016/10/25 産業技術総合研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
・ケイ素化学の基幹原料である
 テトラアルコキシシランを短時間に
 高収率で合成
 
・無機脱水剤を使うことで
 分離・回収・再利用が容易となり、
 コスト面でも優位に
 
・砂、灰、産業副産物など、安価で豊富に
 あるさまざまなケイ素源が利用可能
 
 
-----
概要
 
 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
(以下「産総研」という)触媒化学融合
研究センター 触媒固定化設計チーム
深谷 訓久 主任研究員、
崔 準哲 研究チーム長、
佐藤 一彦 研究センター長、
化学プロセス研究部門 化学システム
グループ 片岡 祥 主任研究員、
Nguyen Thuy研究員らは、
コルコート株式会社
(以下「コルコート社」という)と
共同で、ケイ素化学の基幹原料である
テトラアルコキシシランを、
砂や植物燃焼灰、産業副産物などから、
従来よりも短時間に高効率で直接合成する
技術を開発した。
 
 テトラアルコキシシランは、
現状ではケイ石を金属ケイ素に還元する
プロセスを経由して工業的に製造されて
おり、製造プロセスのエネルギー消費の
多さと高いコストが課題となっている。
 
 今回、シリカを多く含み、安価で豊富に
存在する砂、植物燃焼灰、産業副産物など
をケイ素源としてアルコールと反応させて、
テトラアルコキシシランを一段階で
高効率に直接合成できる技術を開発した。
 
 この技術では、汎用されている
無機脱水剤のモレキュラーシーブで、
反応によって副生する水を吸着除去する
ことで、以前に産総研が報告した
有機脱水剤を用いる従来の技術よりも
反応の効率を大幅に向上させるとともに、
砂や灰など、適用できるケイ素源の範囲を
拡大した。
 
 この技術は、安価で豊富に存在する
さまざまなケイ素源を有効活用し、
有機ケイ素原料の
省エネルギー・低コスト製造に新たな道を
拓くものである。
---------------------------------------
 
 良さそうです。
 
 
>今後は、反応条件や触媒の改良
>とともに、より低コストな製造方法を
>目指し、化学工学的な視点から
>反応プロセス全体を最適化する。
 
>さらにスケールアップなどの
>事業化に必要な技術課題の解決を
>コルコート社と共同で取り組み、
>数年後の実用化を目指す。
 
 早期の実用化に期待したい。

|

« 医療大麻の有効性について | トップページ | オートファジーの活性を簡便かつ定量的に測定できる新規プローブの開発―生体内のオートファジーの活性も測定可能に― »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64509859

この記事へのトラックバック一覧です: 砂や灰などからケイ素化学の基幹原料を高効率に直接合成:

« 医療大麻の有効性について | トップページ | オートファジーの活性を簡便かつ定量的に測定できる新規プローブの開発―生体内のオートファジーの活性も測定可能に― »