« 患者由来iPS細胞による脊髄小脳変性症の病態再現-小脳プルキンエ細胞変性から病態を理解し、創薬への道を開く- | トップページ | ウイルスワクチンの新戦術-インフルエンザの感染を防ぐ新しい機構を発見- »

2016年11月 4日 (金)

念じると動く義手で幻肢痛のコントロールに成功

2016年10月27日 大坂大学研究情報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
本研究成果のポイント
 
・ブレイン・マシン・インターフェイス
 (BMI)技術を用いた義手を開発し、
 患者さんがBMI義手を操作する訓練
 によって、痛みを減弱することに
 成功した。
 
・これまで、幻肢痛は、失った手の機能を
 再建することで痛みが減弱すると
 考えられてきたが、これに基づいて
 脳活動を訓練する治療を行っても、
 全ての患者さんの痛みが減弱する
 わけではなかった。
 
・幻肢痛の新たな治療法開発につながる
 成果であり、また、脳活動を変えること
 で様々な精神疾患などの病態解明と
 新しい治療法への応用が期待される。
 
 
-----
概要
 
 栁澤琢史寄附研究部門講師
(大阪大学国際医工情報センター)、
齋藤洋一特任教授(常勤)
(大阪大学大学院医学系研究科脳神経機能
再生学(帝人ファーマ)共同研究講座)、
神谷之康室長
((株)国際電気通信基礎技術研究所)、
Ben Seymour教授
(ケンブリッジ大学、脳情報通信融合
研究センター(CiNet)、
大阪大学免疫学フロンティア研究センター
(iFReC))らの研究グループは、
ブレイン・マシン・インターフェイス※1
技術を活用した義手
(BMI義手;脳活動をセンサーで測り、
この信号をコンピューターのプログラムで
解読することで、患者さんが念じたように
動く義手)を使った新たな訓練方法を
開発し、幻肢痛※2 患者さんがBMI義手を
使うことで、痛みをコントロールできる
ことを世界に先駆けて発見しました。
 
 研究では、患者さんが幻肢を動かす
つもりでBMI義手を操作する訓練を
行うことで、幻肢を動かすための脳活動を
操作することに成功しました(図1) 。
 
 また、訓練に伴って、痛みも変化する
ことを明らかにしました。
 
 失った手に対応する脳部位の活動と
幻肢運動の関連(情報量)を高める訓練を
行うと痛みが増え、逆に、この関連を
弱める訓練を行うことで痛みを減らすこと
ができたと考えられます。
 
 この成果は幻肢痛の新しい治療法に
つながる画期的な成果です。
 
 また、これまで明らかでなかった幻肢を
動かすための脳活動と痛みとの関係を探る
重要な手がかりが得られました。
 
 本研究成果は、英国科学誌
「Nature Communications」に、
10月27日(木)18時(日本時間)に
公開されました。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 
 
>幻肢痛患者さんの痛みは長く続き、
>有効な治療法がないために、痛みによる
>社会生活への支障や、慢性的な投薬など
>が大きな問題となっています。
 
>本研究は、画期的なBMI技術を応用する
>ことで、幻肢痛患者さんの痛みを減らす
>訓練ができることを明らかにしました。
 
>また、これまで考えられていた
>仮説に反して、幻肢運動の脳情報を
>減らす訓練をすることで、痛みが低下
>することを明らかにしました。
 
>この成果は、幻肢痛を減らすための
>新しい治療法の開発につながる
>画期的な成果です。
>今後、この成果を応用した治療法が
>開発され、幻肢痛に苦しむ患者さん
>にとって朗報となることが期待されます。
 
 大いに期待したい研究です。

|

« 患者由来iPS細胞による脊髄小脳変性症の病態再現-小脳プルキンエ細胞変性から病態を理解し、創薬への道を開く- | トップページ | ウイルスワクチンの新戦術-インフルエンザの感染を防ぐ新しい機構を発見- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64442480

この記事へのトラックバック一覧です: 念じると動く義手で幻肢痛のコントロールに成功:

« 患者由来iPS細胞による脊髄小脳変性症の病態再現-小脳プルキンエ細胞変性から病態を理解し、創薬への道を開く- | トップページ | ウイルスワクチンの新戦術-インフルエンザの感染を防ぐ新しい機構を発見- »