« ミトコンドリア病と特定できる画期的な診断方法を発見・開発―不要な検査なくなり早期治療に道― | トップページ | <社説>センダン効果解明 沖縄発がん治療薬に期待 »

2016年11月12日 (土)

スーパーエンジニアリングプラスチック「PEEK/SGCNT複合材料」を開発

2016/11/07 産業技術総合研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NEDOプロジェクトにおいて、
単層CNT融合新材料研究開発機構(TASC)
と産業技術総合研究所は、
スーパーエンジニアリングプラスチックの
一種であるポリエーテルエーテルケトン
(PEEK)にスーパーグロース法で作製した
単層カーボンナノチューブ(SGCNT)を
加えることで、世界最高水準の耐熱性
(450℃)と機械強度(曲げ強度1.8倍)を
同時に達成し、かつ射出成形可能な
新しいスーパーエンジニアリング
プラスチック「PEEK/SGCNT複合材料」を
開発しました。
 
 今後、耐熱性の観点から
スーパーエンジニアリングプラスチックが、
軽金属材料などに代わり、自動車部材、
航空・宇宙産業用部材などの
軽量・易成形PEEK材料として飛躍的に
適用範囲を拡大することが期待されます。
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
 
>今後、耐熱性の観点から
>スーパーエンジニアリングプラスチック
>が、軽金属材料などに代わり、
>自動車部材、航空・宇宙産業用部材
>などの軽量・易成形PEEK材料として
>飛躍的に適用範囲を拡大することが
>期待されます。
 
 大いに期待したい。
 
 これでどの程度適用範囲が拡大
出来るのかな?

|

« ミトコンドリア病と特定できる画期的な診断方法を発見・開発―不要な検査なくなり早期治療に道― | トップページ | <社説>センダン効果解明 沖縄発がん治療薬に期待 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64478187

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーエンジニアリングプラスチック「PEEK/SGCNT複合材料」を開発:

« ミトコンドリア病と特定できる画期的な診断方法を発見・開発―不要な検査なくなり早期治療に道― | トップページ | <社説>センダン効果解明 沖縄発がん治療薬に期待 »