« 南アフリカ共和国で省エネ型海水淡水化技術の実証事業を開始へ―アフリカ初のNEDO実証事業で水不足解決を目指す― | トップページ | 肝臓を再構築する肝前駆細胞へのリプログラミングにラット、マウスで成功 再生医療やがん治療への応用に期待 »

2016年11月23日 (水)

ヒトiPS細胞からがん細胞を殺傷できる強力なキラーT細胞を再生 -再生T細胞療法の臨床応用に向けて一歩前進-

2016年11月22日 京都大学研究成果
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 河本宏 ウイルス・再生医科学研究所
教授、前田卓也 同特定研究員らは、
ヒトiPS細胞からがん細胞を殺傷する
能力をもつキラーT細胞
(ウイルスに感染した細胞やがん細胞を
殺すことのできるT細胞)を作製すること
に成功しました。
 
 本研究成果は2016年11月22日午前2時に
米国の科学雑誌「Cancer Research」の
オンライン版に掲載されました。
 
 
-----
研究者からのコメント
 
 がん患者の体の中には、がん細胞を
殺傷することができるキラーT細胞が
存在します。
 
  私達は、iPS細胞技術を利用して
そのようなキラーT細胞を再生するという
研究を世界にさきがけて進めてきました。
 
 しかし、従来の培養法では、生体中の
キラーT細胞に比べると、
品質が大幅に劣るものしかつくることが
できせんでした。
 
 今回開発した方法によって、
生体中のキラーT細胞にほぼ匹敵する
高品質なキラーT細胞を再生することに
成功しました。
 
 再生T細胞を用いたがんの免疫細胞療法
の実現化にむけて一歩前進したと
考えています。
 
 
詳しい研究内容について
 
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
 
>再生T細胞を用いたがんの免疫細胞療法
>の実現化にむけて一歩前進したと
>考えています。
 
 有効ながんの免疫細胞療法開発に
結びつくと良いですね。
 期待したい。

|

« 南アフリカ共和国で省エネ型海水淡水化技術の実証事業を開始へ―アフリカ初のNEDO実証事業で水不足解決を目指す― | トップページ | 肝臓を再構築する肝前駆細胞へのリプログラミングにラット、マウスで成功 再生医療やがん治療への応用に期待 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64531651

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトiPS細胞からがん細胞を殺傷できる強力なキラーT細胞を再生 -再生T細胞療法の臨床応用に向けて一歩前進-:

« 南アフリカ共和国で省エネ型海水淡水化技術の実証事業を開始へ―アフリカ初のNEDO実証事業で水不足解決を目指す― | トップページ | 肝臓を再構築する肝前駆細胞へのリプログラミングにラット、マウスで成功 再生医療やがん治療への応用に期待 »