« 東京薬科大学が自閉症の根本治療にマウスで成功 | トップページ | 世界初!難治性スキルス胃癌の病態を解明 新規治療法の開発に成功 »

2016年10月21日 (金)

長鎖ノンコーディングRNAが制御する新たな大腸がん化のメカニズム

2016年10月19日
東京大学分子細胞生物学研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
発表概要
 
 大腸がんは、APC変異がもたらす
転写因子β-cateninの大量蓄積による
Wnt経路の恒常的活性化によって生じると
考えられています。
 
 しかし、Wnt/β-catenin経路が大腸がん
の発生・維持を行う仕組みについては
未だ明らかになっていない点が
多く残されています。
 
 今回、東京大学分子細胞生物学研究所の
秋山徹教授、谷上賢瑞助教らの
研究グループは、大腸がんにおいて
長鎖ncRNAである ASBEL 及び転写制御因子
である TCF3 (注5) タンパク質が
β-catenin によって同時に発現を
誘導されていることを発見しました。
 
 さらに、ASBELがTCF3と複合体を形成して
ATF3 (注6) の発現を制御することが、
大腸がんの腫瘍形成能に重要であることを
明らかにしました。
 
 本研究結果により、Wnt/β-catenin経路
によって直接発現の制御を受け、
さらに腫瘍形成能に関わる長鎖ncRNA-転写
制御因子複合体が存在していることが
明らかになりました。
 
 さらに、大腸がん細胞内における
ASBEL -TCF3複合体が、がん治療の重要な
標的となることが示唆されました。
 
 ASBEL -TCF3経路を標的とした薬剤を
創製することにより、大腸がんの治療に
貢献することが期待されます。
---------------------------------------
 
 長鎖ncRNAもがんに関係しているらしい。
 
 
>ASBEL -TCF3経路を標的とした薬剤を
>創製することにより、大腸がんの治療に
>貢献することが期待されます。
 
 がんの原因にはいろいろなものが
関係しているようで、難敵ですね。
 
 更なる研究に期待しています。

|

« 東京薬科大学が自閉症の根本治療にマウスで成功 | トップページ | 世界初!難治性スキルス胃癌の病態を解明 新規治療法の開発に成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64378981

この記事へのトラックバック一覧です: 長鎖ノンコーディングRNAが制御する新たな大腸がん化のメカニズム:

« 東京薬科大学が自閉症の根本治療にマウスで成功 | トップページ | 世界初!難治性スキルス胃癌の病態を解明 新規治療法の開発に成功 »