« 複数話者の音声を同時認識する新しい音響信号処理技術を開発~音声認識による会話の文字起こしも可能に | トップページ | 光を使って難問を解く新しい量子計算原理を実現 »

2016年10月23日 (日)

下肢慢性動脈閉塞症に新薬 九大大学院など研究グループ 遺伝子注射で血管新生

2016年10月22日 西日本新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州大大学院などの研究グループが、
脚先に血を送る動脈が詰まり、
脚が痛んで歩けなくなったり
潰瘍ができたりする「下肢慢性動脈閉塞
(へいそく)症」の新薬
DVC1-0101を開発し、
九州大病院などで薬事承認に向けた治験を
進めている。
 
 「ウイルスベクター」(遺伝子の運び屋)
を使って血流が滞った患者の脚に
新しい血管をつくる遺伝子治療製剤で、
先行の臨床研究では、
100メートルしか歩けなかった患者が
600メートル歩行可能になるなど
成果を上げている。
---------------------------------------
 
 遺伝子治療、積極的に進めて欲しい。
 
>現在も治験の参加者を募集している。
 
>問い合わせは、
>九州大病院消化器・総合外科(血管外科)
>=092(642)5466。
 
 実用化までこぎつけると良い
ですね。
 大学は頑張っているのだけれど、
最後は製薬会社がたより。だね?

|

« 複数話者の音声を同時認識する新しい音響信号処理技術を開発~音声認識による会話の文字起こしも可能に | トップページ | 光を使って難問を解く新しい量子計算原理を実現 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64387310

この記事へのトラックバック一覧です: 下肢慢性動脈閉塞症に新薬 九大大学院など研究グループ 遺伝子注射で血管新生:

« 複数話者の音声を同時認識する新しい音響信号処理技術を開発~音声認識による会話の文字起こしも可能に | トップページ | 光を使って難問を解く新しい量子計算原理を実現 »