« 「自己免疫疾患全身性エリテマトーデス(SLE)の発症抑制メカニズムの解明」【鍔田武志 教授】 | トップページ | 病原菌が免疫から逃れて寄生する仕組みを解明 ~結核菌のヒト好中球による貪食と殺菌回避の分子メカニズム~ »

2016年10月28日 (金)

がん治療薬効く患者判別へ…「オプジーボ」新たな作用メカニズム発見 京大チーム

2016.10.24 産経WEST
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 研究チームによると、オプジーボの
治療効果があったメラノーマ患者を
調べたところ、血液中のリンパ球の一種
「Th9細胞」が増殖したことが分かった。
 
 さらに、メラノーマを患うマウスの実験
で、Th9細胞が作り出す分子が
メラノーマの進展を抑え、がん細胞を破壊
する作用があることを確認したとしている。
---------------------------------------
 
 オプジーボの治療効果判別方法は
まだ未熟なようですね。
 
 
>チームの大塚院内講師は、Th9細胞の
>増殖状況を確認することで
>「オプジーボが効く患者を判別でき、
>国の医療費削減につながる可能性も
>ある」と指摘。
 
 医療費削減は薬価だけでなく、こういう
視点でも、挑戦して貰いたい。
 
 オプジーボは高価だと言われています。
 
 日本では100ミリグラム当たり約73万円
だそうです。あまりに高い。
 
 しかも残念なことに、必ず効果が期待できる
わけではない。

|

« 「自己免疫疾患全身性エリテマトーデス(SLE)の発症抑制メカニズムの解明」【鍔田武志 教授】 | トップページ | 病原菌が免疫から逃れて寄生する仕組みを解明 ~結核菌のヒト好中球による貪食と殺菌回避の分子メカニズム~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64409922

この記事へのトラックバック一覧です: がん治療薬効く患者判別へ…「オプジーボ」新たな作用メカニズム発見 京大チーム:

« 「自己免疫疾患全身性エリテマトーデス(SLE)の発症抑制メカニズムの解明」【鍔田武志 教授】 | トップページ | 病原菌が免疫から逃れて寄生する仕組みを解明 ~結核菌のヒト好中球による貪食と殺菌回避の分子メカニズム~ »