« ウイルスの遺伝情報を切断し、増殖を防ぐ革新的技術を開発 “人工のハサミ”でインフルエンザウイルスを5分で切断 | トップページ | 結晶シリコン太陽電池モジュールで世界最高変換効率24.37%を達成 »

2016年10月31日 (月)

画期的な「がん免疫療法薬・オプジーボ」はなぜ超高額な薬価設定となったのか

2016/10/27 ZUU online
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 薬価決定の根拠となる患者数を
>報道などによると、患者を470人しか
>想定していなかったという。
 
 それはないと思うけど、
 その時点では、対象疾患がメラノーマ
だったから?
 
 それにしても酷すぎる。
 患者への適応基準も厳しすぎませんか?
 
 どんどん新しい研究が出ている
のだから早急に医学的な見地からの
見直しが必須と思います。
 
 対象患者数もそうだし、
適用基準もそうです。
 
 薬価が、あまりに高すぎる。
 
 何のための薬? と思う。
 多くの患者を救う為ですよね!

|

« ウイルスの遺伝情報を切断し、増殖を防ぐ革新的技術を開発 “人工のハサミ”でインフルエンザウイルスを5分で切断 | トップページ | 結晶シリコン太陽電池モジュールで世界最高変換効率24.37%を達成 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64423681

この記事へのトラックバック一覧です: 画期的な「がん免疫療法薬・オプジーボ」はなぜ超高額な薬価設定となったのか:

« ウイルスの遺伝情報を切断し、増殖を防ぐ革新的技術を開発 “人工のハサミ”でインフルエンザウイルスを5分で切断 | トップページ | 結晶シリコン太陽電池モジュールで世界最高変換効率24.37%を達成 »