« 二酸化炭素を常温でエタノールに直接変換できるナノ触媒を開発 - ORNL | トップページ | 腎臓病が進行するしくみを解明~慢性腎臓病の進行を防ぐ治療薬の開発に期待~ »

2016年10月25日 (火)

銅線占積率90%以上の高密度な革新的省エネコイルの量産技術を開発

2016年10月20日
産業技術総合開発機構
株式会社アスター
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NEDOのプロジェクトにおいて、
(株)アスターはモーターの
小型・高出力化を実現する
銅線占積率90%以上の高密度な
革新的省エネコイルを開発し、
さらにその量産技術を確立しました。
 
 開発したコイルは、抵抗値が少なく
放熱性に優れており、本コイルをモーターに
搭載することで従来のモーターと比較して
約5%の消費エネルギーの削減が
期待できます。
 
 本技術により製作するコイルを
各種モーターに提供して世界における
消費電力の削減を目指します。
---------------------------------------
 
 世界的に広められるかが問題ですね。
 
 
>モーターメーカーへの量産品供給を
>2018年頃から行えるよう事業化を
>進めます。
 とのこと。
 
>今回開発した技術は、モーター(動力)
>分野だけでなく、発電用途へも応用可能
>であり、さらなる省エネルギーと
>高効率発電に向けた展開を進める予定
>です。
 
 期待しましょう。

|

« 二酸化炭素を常温でエタノールに直接変換できるナノ触媒を開発 - ORNL | トップページ | 腎臓病が進行するしくみを解明~慢性腎臓病の進行を防ぐ治療薬の開発に期待~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64397818

この記事へのトラックバック一覧です: 銅線占積率90%以上の高密度な革新的省エネコイルの量産技術を開発:

« 二酸化炭素を常温でエタノールに直接変換できるナノ触媒を開発 - ORNL | トップページ | 腎臓病が進行するしくみを解明~慢性腎臓病の進行を防ぐ治療薬の開発に期待~ »