« 画期的な「がん免疫療法薬・オプジーボ」はなぜ超高額な薬価設定となったのか | トップページ | 敗血症ショックを増悪させる分子を発見 »

2016年10月31日 (月)

結晶シリコン太陽電池モジュールで世界最高変換効率24.37%を達成

2016年10月27日
産業技術総合開発機構
株式会社カネカ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NEDOプロジェクトにおいて、
株式会社カネカは、
結晶シリコン太陽電池モジュールで、
世界最高となる変換効率24.37%を
達成しました。
 
 世界で最も普及している
結晶シリコン太陽電池モジュールにおいて
高い変換効率を実現したことは、
NEDOプロジェクトが掲げる
発電コスト目標の達成に向けて
大きく前進するものです。
---------------------------------------
 
 Good! 発電効率upしていきますね。
 
 
>NEDOとカネカは、発電コスト目標実現に
>向け、引き続き、
>太陽電池の変換効率向上、
>製造コスト低減、信頼性向上等の
>技術開発に取り組みます。
 
>またカネカは、今回の成果を活用した
>高効率太陽電池の製品の実用化に向け
>開発を進めます。
 
 積極的に推進してください。
 
 ヒートポンプだけでなく、
太陽光の熱利用研究も同時に
お願いします。
 大切なことです。

|

« 画期的な「がん免疫療法薬・オプジーボ」はなぜ超高額な薬価設定となったのか | トップページ | 敗血症ショックを増悪させる分子を発見 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64423730

この記事へのトラックバック一覧です: 結晶シリコン太陽電池モジュールで世界最高変換効率24.37%を達成:

« 画期的な「がん免疫療法薬・オプジーボ」はなぜ超高額な薬価設定となったのか | トップページ | 敗血症ショックを増悪させる分子を発見 »