« 「椎間板線維輪の恒常性を維持する遺伝子とその分子メカニズムの解明」 ― 椎間板の再生医療への応用が期待 ― | トップページ | 「家族性パーキンソン病PARK17の病態に神経終末からのドーパミン放出機能障害が関与」― パーキンソン病の病態解明への期待 ― »

2016年9月15日 (木)

「 アルツハイマー病の新たな抗体治療に道をひらく 」― アミロイド凝集前の病態シグナルを治療の分子標的に ―

平成28年8月22日
東京医科歯科大学
日本医療研究開発機構(AMED)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【ポイント】
 
○アミロイド凝集前に起きる
 リン酸化シグナルの病態意義を
 明らかにしました。
 
○リン酸化シグナルを惹起する
 細胞外分子を同定しました。
 
○本細胞外分子に対する抗体治療が
 アルツハイマー病モデルマウスの
 病態抑制と症状改善につながる
 ことを示しました。
 
 
-----
 東京医科歯科大学・難治疾患研究所
/脳統合機能研究センター
・神経病理学分野の岡澤 均教授の
研究グループは、アミロイド凝集前に
リン酸化の異常変動を示すタンパク質
MARCKS を先行研究で同定しましたが、
今回の研究で、MARCKS の上下の
シグナル経路と病態意義を明らかにし、
さらに MARCKS のリン酸化を誘導する
細胞外分子 HMGB1 を標的とする
抗体治療法を開発しました。
 
 この研究は、理化学研究所・宮脇敦史
・副センター長、
同・西道隆臣チームリーダー、
名古屋大学・祖父江元特任教授、
創価大学・中嶋一行教授、
MBL・梶川益紀博士らとの共同研究として
行われ、平成26年度から始まった
文部科学省『革新的技術による脳機能
ネットワークの全容解明プロジェクト』
(平成27年度から日本医療研究開発機構
 :AMED へ移管)の支援のもとで
実施されたもので、その研究成果は、
国際科学誌 Scientific Reports
(サイエンティフィック レポーツ)に、
2016 年8月 25 日午前10時
(英国時間)にオンライン版で
発表されます。
---------------------------------------
 
  アルツハイマー病治療の新たな希望
ですね。
 
>これまで数々の治療法が試みられて
>きましたが、十分な有効性を示すものは
>得られていません。
 
>特に、約15年前からアミロイドベータ
>に対する抗体医薬品の臨床試験が
>国際的な規模で行われてきましたが、
>脳内のアミロイドベータ除去に成功した
>ものの、患者の症状は改善が見られない
>ことも予想外の知見として得られました。
 これは大問題です。
 
>このため、脳内にアミロイドベータ凝集
>が起きた後から治療を開始するのでは
>既に遅く、アミロイドベータの
>脳内での溜まり始めに
>アミロイド抗体療法を開始する、
>あるいは、脳内にアミロイドベータ凝集
>が起きる以前の超早期(Phase 0)に
>生じる脳内分子変化を解明して、
>新たな分子標的に対する治療を開発する
>必要があると考えられるようになって
>きました。
 そのようですね。
 
 
>本研究により、MARCKS, TLR4, HMGB1
>などの分子が担う、アルツハイマー病
>超早期病態の一端を明らかにし、
>さらに細胞外HMGB1 を標的とする
>新規抗体治療法を開発しました。
 
>本研究成果は、アルツハイマー病治療に
>直接役立つ可能性があり、
>今後は HMGB1 抗体の実用化に向けて
>ヒト患者に使用可能な製剤化を行い、
>さらに臨床試験を行うことを目指します。
 
>また、本研究成果を手掛かりに、
>さらに超早期病態の全容解明を
>進めることにより、新たな治療標的分子
>あるいは新たな治療標的メカニズムが
>得られることが期待されます。
 
 大いに期待したい。

|

« 「椎間板線維輪の恒常性を維持する遺伝子とその分子メカニズムの解明」 ― 椎間板の再生医療への応用が期待 ― | トップページ | 「家族性パーキンソン病PARK17の病態に神経終末からのドーパミン放出機能障害が関与」― パーキンソン病の病態解明への期待 ― »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64206900

この記事へのトラックバック一覧です: 「 アルツハイマー病の新たな抗体治療に道をひらく 」― アミロイド凝集前の病態シグナルを治療の分子標的に ―:

« 「椎間板線維輪の恒常性を維持する遺伝子とその分子メカニズムの解明」 ― 椎間板の再生医療への応用が期待 ― | トップページ | 「家族性パーキンソン病PARK17の病態に神経終末からのドーパミン放出機能障害が関与」― パーキンソン病の病態解明への期待 ― »