« 脊髄損傷に対するヒトiPS細胞由来神経幹細胞移植治療における最大の課題であった移植細胞の腫瘍化を予防する方法を開発 | トップページ | 「 ハンチントン病の新しい治療薬シーズを発見 」― 化合物ライブラリーの統合的スクリーニングから意外な結果 ― »

2016年9月24日 (土)

6難病研究、iPSで光…薬の候補物質発見、治験へ

2016年9月23日 YOMIURI ONLINE
京大と慶大
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
>iPS細胞(人工多能性幹細胞)を
>使って難病の治療開発を進めている
>京都大と慶応大が、他の病気の治療に
>使われている医薬品で、
>両大学は今後、臨床試験(治験)などを
>行い、実用化を目指す。
 
 大いに期待したいですね。
 
>難病患者に投与した場合の効果や
>副作用は未知数
 とのこと。
 
 既存の薬でどの程度の効果が期待
出来るのかわかりませんが、
難病患者の「希望の光」になると
素晴らしいです。
 
 大いに期待したい。
 
 6難病とは、
・進行性骨化性線維異形成症、
・軟骨無形成症、
・タナトフォリック骨異形成症、
・ペンドレッド症候群、
・家族性筋萎縮性側索硬化症、
・肥大型心筋症
のようです。

|

« 脊髄損傷に対するヒトiPS細胞由来神経幹細胞移植治療における最大の課題であった移植細胞の腫瘍化を予防する方法を開発 | トップページ | 「 ハンチントン病の新しい治療薬シーズを発見 」― 化合物ライブラリーの統合的スクリーニングから意外な結果 ― »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64249417

この記事へのトラックバック一覧です: 6難病研究、iPSで光…薬の候補物質発見、治験へ:

« 脊髄損傷に対するヒトiPS細胞由来神経幹細胞移植治療における最大の課題であった移植細胞の腫瘍化を予防する方法を開発 | トップページ | 「 ハンチントン病の新しい治療薬シーズを発見 」― 化合物ライブラリーの統合的スクリーニングから意外な結果 ― »