« 糖尿病治療薬の新しい標的分子を発見―新たな血糖降下薬開発にはずみ― | トップページ | ぜんそくなどの重症アレルギー疾患のメカニズムを解明- 抗体の開発で革新的治療法に期待 - »

2016年9月19日 (月)

「 ハンチントン病の新しい治療戦略を開発 」― 第3の細胞死を標的とする神経変性疾患治療の可能性をひらく ―

平成28年9月7日
東京医科歯科大学
日本医療研究開発機構(AMED)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【ポイント】
 
○主要な神経変性疾患のハンチントン病で
 新しい細胞死 TRIAD が起きていること
 を示しました。
 
○新しい細胞死 TRIAD の細胞内シグナル
 経路の詳細を解明しました。
 
○この細胞死 TRIAD を標的とする
 新しいハンチントン病の治療への
 道筋を示しました。
 
 
-----
 東京医科歯科大学・難治疾患研究所
神経病理学分野の岡澤 均教授
(脳統合機能研究センター長)の
研究グループは、新しい細胞死 TRIAD
の細胞内シグナル経路の詳細を
明らかにし、神経変性疾患の一つである
ハンチントン病の病態下で TRIAD が
生じていること、TRIAD を標的とすること
でハンチントン病の治療が可能であること
を示しました。
 
 この研究は、カリフォルニア州立大学
サンフランシスコ校/グラッドストーン
研究所・StevenFinkbeiner 教授、
レジーナエレーナ国立がん研究所
・Giovanni Blandino 教授、
国立シンガポール大学・MariusSudol 教授、
国立精神神経医療研究センター
・村田美穂病院長らとの共同研究として
行われ、平成26年度から始まった
文部科学省『革新的技術による
脳機能ネットワークの全容解明
プロジェクト』(平成27年度から
日本医療研究開発機構:AMED へ移管)の
支援のもとで実施されたもので、
その研究成果は、国際科学誌
HumanMolecular Genetics
(ヒューマン モレキュラー
ジェネティクス)に、2016 年 9 月 13 日
午前0時(英国時間)にオンライン版で
発表されます。
---------------------------------------
 
>細胞死 TRIAD を標的とする
>新しいハンチントン病の治療への
>道筋を示しました。
 Good!
 細胞死にもいろいろな種類が
あるのですね。
 
 
>アルツハイマー病、パーキンソン病、
>ハンチントン病、脊髄小脳失調症、
>筋萎縮性側索硬化症などの
>神経変性疾患の細胞死が如何なるもの
>かは、依然として解明されておらず、
>議論が続いています。
 故に、有効な治療法が存在しません。
 
 
>アポトーシスなどの従来型細胞死を
>標的とした変性疾患治療は、
>これまで期待された成果が挙げられ
>ませんでした。
 
>本研究により、新たな細胞死を
>標的とする治療開発の可能性が
>開けてきました。
 
>他の変性疾患における TRIAD の関与を
>解明することなどを通じて、
>ハンチントン病をはじめとして
>複数の変性疾患の治療開発につながる
>可能性があります。
 
 大いに期待したいと思います。
 
 特に私が関与している脊髄小脳失調症
の治療法開発につながれば素晴らしい
のですが、どうでしょうか?

|

« 糖尿病治療薬の新しい標的分子を発見―新たな血糖降下薬開発にはずみ― | トップページ | ぜんそくなどの重症アレルギー疾患のメカニズムを解明- 抗体の開発で革新的治療法に期待 - »

脊髄小脳変性症関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/64224647

この記事へのトラックバック一覧です: 「 ハンチントン病の新しい治療戦略を開発 」― 第3の細胞死を標的とする神経変性疾患治療の可能性をひらく ―:

« 糖尿病治療薬の新しい標的分子を発見―新たな血糖降下薬開発にはずみ― | トップページ | ぜんそくなどの重症アレルギー疾患のメカニズムを解明- 抗体の開発で革新的治療法に期待 - »